21:56 2018年08月17日
シリアのワリード・ムアレム副首相は、ダマスカスで開かれた記者会見で米国に対し、シリア南部のアル・タンフにある米軍基地からの撤退を要求した。

シリア、米軍基地からの撤退を要求

© AP Photo / Hussein Malla
中東
短縮 URL
2270

シリアのワリード・ムアレム外相は、ダマスカスで開かれた記者会見で米国に対し、シリア南部のアル・タンフにある米軍基地からの撤退を要求した。

スプートニク日本

ムアレム氏は、「米国がアル・タンフの米軍基地から、そしてシリアから撤退した場合、我々はシリア南部の安全に関する合意について話し合うつもりだ」と述べた。

同氏はまた、シリア政府が依然として南部戦線の状況についての話し合いに臨むことはないとしている。

アル・タンフにはシリアの米軍基地の一つがあり、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」との戦いのための訓練や反政府派武装勢力への供給が行われている。2017年4月にテロリズムとの闘いを口実としてアル・タンフに非合法的に展開された米軍基地の隣には、「アル・ルクバン」難民キャンプが置かれている。

タグ
シリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント