08:50 2018年10月24日
アンジェリーナ・ジョリーさん

アンジェリーナ・ジョリーさん、「ダーイシュ」がカリフ国家樹立を宣言した場所を訪問【動画】

© REUTERS / UNHCR/Andrew McConnell
中東
短縮 URL
0 19

米国の女優で国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)特使のアンジェリーナ・ジョリーさんが16日、テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」から解放されたイラクのモスルを訪れた。

スプートニク日本

イラクのアル・ スマリアTVによると、ジョリーさんは軍事作戦で破壊され、最も被害が大きかったモスル西岸を視察した。また「ダーイシュ」の最高指導者が2014年に「カリフ」を宣言したヌーリ・モスクの廃墟も訪問した。

2017年春と夏、アル=ヌーリ・モスクをめぐりイラク軍と「ダーイシュ」の間で最も激しい戦闘が行われた。

アル・ スマリアTVによると、ジョリーさんの訪問目的は、人道援助とモスルの破壊の規模を把握することだったという。

関連ニュース

「ダーイシュ(IS)」組織の象徴の寺院を自ら爆破モスル

タグ
文化, 映画, 国連, 米国, イラク
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント