10:09 2018年08月20日
中国、人工知能を備えた潜水艦を開発

中国、人工知能を備えた潜水艦を開発

© AFP 2018 / Larry Downing
中東
短縮 URL
0 96

中国の学者らは、人工知能技術を備えた最新の大型無人潜水艦を開発している。同潜水艦は、諜報活動や状況調査から機雷敷設まで、様々な任務を遂行できる。サウス・チャイナ・モーニングポスト紙が、プロジェクトに参加する学者の話をもとに報じた。

スプートニク日本

消息筋によると、新たな潜水艦は敵船を攻撃するために使用される可能性がある。潜水艦はまず南シナ海や太平洋西部に派遣される予定だという。

完全自立型ロボット潜水艦は、2020年代前半にも運用が開始される見込み。

サウス・チャイナ・モーニングポスト紙によると、新型潜水艦プロジェクトは、人工知能技術の積極的な導入を通じて中国軍の戦闘能力を増強する政府プログラムの枠中で実施されている。

開発者らによると、新たな潜水艦を操作するオペレーターは必要ない。潜水艦は入力されたプログラムに従って海へ出て、任務を遂行し、拠点へ戻ってくる。

なお学者らは、攻撃するかどうかの決定はいずれにせよ人間が下し、この点で人工知能が人間に置き換えられることはないと強調している。

タグ
軍事, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント