17:48 2018年12月12日
米海軍

米、シリア攻撃用に巡航ミサイル搭載機を中東で増強=ロシア国防省

© 写真: U.S. Navy/Robert S. Price
中東
短縮 URL
0 112

シリア・イドリブ県で予定されているという化学兵器攻撃の演出後、政府軍に攻撃するため、米国は中東地域に巡航ミサイル搭載機を増やしている。ロシア国防省のコナシェンコフ報道官が発表した。

スプートニク日本

コナシェンコフ氏は、「この準備は、タハリール・アル=シャーム(旧ヌスラ戦線)戦闘員による演出を活用するという米国の意図を新たに確認するものだ」と主張した。

コナシェンコフ氏はさらに、巡航ミサイル「トマホーク」を28発搭載した米駆逐艦が地中海に展開されていることで、シリア全域に攻撃を加えられると指摘した。

関連ニュース

2日以内にシリアで化学攻撃の演出を予定=ロシア国防省

米、シリア攻撃のためペルシャ湾に駆逐艦移動

タグ
軍事, 武器・兵器, シリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント