11:08 2018年12月14日
イエメン

アラブ連合軍がイエメンの国際空港と軍基地を空爆

© 写真: Jialiang Gao
中東
短縮 URL
0 210

サウジアラビア主導のアラブ連合軍はイエメンの首都サナア付近の国際空港を空爆した。テレビ局アル=アラビーヤが伝えた。

スプートニク日本

報道によれば、サナア北部にある軍基地も空爆された。

イエメンでは2014年から軍事・政治的対立が続いている。国連が和平プロセスを構築しようとしたが失敗に終わった。紛争では、シーア派系反政府勢力「アンサール・アッラー」のフーシ派およびサレハ前大統領を支持する軍の一部と、政府軍およびハディ大統領を支持する義勇軍が戦っている。政府は空及び地上からサウジアラビア主導のアラブ連合軍のサポートを受けている。

関連ニュース

イエメン フーシ派が有志連合に弾道ミサイルを発射

国連で秘密裏にシリア復興支援が禁止された=ラブロフ露外相

タグ
空爆, サウジアラビア, イエメン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント