16:58 2019年02月23日
イスラエル、再びシリア攻撃

イスラエル、再びシリア攻撃

© REUTERS / Facebook Diary of a Mortar Shell in Damascus/Youmiyat Qadifat Hawun fi Damashq
中東
短縮 URL
0 118

イスラエル軍は21日、シリアに対して再びミサイル攻撃を行った。標的となったのは、同国内に存在するイランの部隊「アルクッズ」。イスラエル軍のツイッターで発表されている。

スプートニク日本

投稿では、「我々はシリア軍に対し、イスラエルの軍や領土に損害を与える試みを行わないよう警告する」としている。

シリアのイフバリヤ・テレビはフェイスブックで、同国の防空軍がダマスカス上空でミサイル数十発を撃ち落としたと伝えている。同軍は前日の20日にも、イスラエルによる攻撃を退けている。その前の攻撃は12日に行われていた。

シリア国内のイラン軍部隊は、シリア政府軍が敵と戦うのを支援。イスラエルと米国は、イラン軍部隊がシリアから撤退することを強く要求している。これまでイスラエルでは、同国に敵対的なイスラム運動「ヒズボラ」とのイラン政府による協力を理由として、シリア国内のイランによる軍事的プレゼンスにイスラエルが対抗していく意向だと再三にわたって指摘されている。

タグ
シリア, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント