14:58 2019年06月17日
ゲイル・ペデルセン

新任の国連シリア特使、シリアはダーイシュに勝利の認識示す

© AP Photo / Seth Wenig
中東
短縮 URL
241

新たに国連シリア担当特使に就任したゲイル・ペデルセン氏は28日、国連安全保障理事会で就任後、初の演説を行い、その中で、シリアにおいて過激派組織「ダーイシュ」(イスラム国、IS)は敗北したものの、依然として復活の脅威は残っているとし、シリアにおける平和達成が難しい課題であるとの見方を示した。

スプートニク日本

「平和達成に関係する課題はその規模と困難さにおいて膨大だ。ダーイシュは『地上』で敗れた。だが経験が示すところ、復活する可能性もある」

関連ニュース

イラク情報機関、同国史上最大となる「ダーイシュ」の資金調達ネットワークを摘発

ダーイシュ指揮官40人の脱獄に米が協力=イラン通信社

タグ
テロ, ISIS, 国連, シリア, イラク
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント