19:28 2019年05月25日
S-400

露S400ミサイルは「NATOの悪夢」

© Sputnik / Grigoriy Sisoev
中東
短縮 URL
1141

ロシアの地対空ミサイル「S400(トリウームフ)」4個師団をトルコが購入すれば、北大西洋条約機構(NATO)にとって深刻な問題になりうる。独雑誌「Stern」でそうした見方が示された。

スプートニク日本

記事によると、S400がシリアにわずか1部隊あっただけで、NATOはシリア上空のコントロールを失った。離陸が毎回、予測不可能なものになったためだ。

  • S400ミサイル
    S400ミサイル
    © Sputnik / Alexey Malgavko
  • S400ミサイル
    S400ミサイル
    © Sputnik / Alexei Danichev
  • S400ミサイル
    S400ミサイル
    © Sputnik / Dmitry Vinogradov
1 / 3
© Sputnik / Alexey Malgavko
S400ミサイル

同誌は、トルコがS400を調達すれば、NATOからの依存度を大きく減らし、地域での影響力を強めると見る。

S400の正確な性能は明らかではない。だが同誌は、トルコが米国の地対空ミサイルシステム「パトリオット」よりS400を選んだという事実が、米ステルス軍用機を発見し撃墜する性能などの点でロシアがトルコを説得できたことを物語っていると指摘する。

また、S400はパトリオットの半分程度の価格だという。

Stern誌は、「ロシア大統領府にとって対空ミサイルはベストセラーである一方、NATOにとっては悪夢だ」と伝える。

関連ニュース

トルコ、米国がF35の供給を拒否した場合、他の国から購入する可能性がある=外務省

S400、米圧力でもトルコは「取得の方針」 露国営企業幹部

タグ
NATO, トルコ, 軍事, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント