17:40 2019年11月20日

スノーデン氏は米情報機関がシリアのネット遮断と暴露 ロシア上院議員が言及

© AFP 2019 / Frederick Florin
中東
短縮 URL
0 112
でフォローする

ロシアのアンドレイ・クリシャス上院議員は、2012年11月にシリアで起きたインターネット遮断について、元米中央情報局(CIA)職員のエドワード・スノーデン氏が米国家安全保障局(NSA)の関与を指摘していたことに言及した。

スプートニク日本

インターネットの信頼できるロシアセグメント」法案を提出したクリシャス氏は上院で、遮断によってシリア全国土で2日にわたりネットにアクセスできなかったと述べる。

「原因は米NSAの行動で、同国最大の通信事業者の機器のソフトウェアに埋め込まれた『バグ』が利用された」

クリシャス氏は、これが米国と管理下にある大手IT企業が実施した主権国家のサイバーインフラへの外国の介入の1つの事例だとの認識を示した。

スノーデン氏は2013年6月、ワシントンポスト紙、 ガーディアン紙に対して米国、 英国の特務機関のインターネットでの追跡プログラムに関する一連 の資料を手渡した。スノーデン氏はその後、香港へ飛び、 そこからモスクワへ移動すると国際空港のトランジットゾーンにし ばらくの間滞在していた。

その後、 ロシアはスノーデン氏に米国に反対する活動を停止することを条件 に1年を期限とする一事的な亡命を許可した。 2014年8月1日、 スノーデン氏には3年の期限で居住許可が下り、 これによってロシア国内のみならず外国への移動も可能となった。

関連ニュース

ブロックチェーンの価値は、信頼する必要がないことにある=スノーデン氏

タグ
インターネット, NSA, 米国, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント