18:00 2019年10月23日
ローマ法王、スーダンでの暴力の終結と対話を呼びかけ

ローマ法王、スーダンでの暴力の終結と対話を呼びかけ

© AP Photo / Pool/Filippo Monteforte
中東
短縮 URL
0 20
でフォローする

今月3日にスーダンの首都ハルツームで軍がデモ隊に対し発砲して排除したことを受け、ローマ法王フランシスコは9日、同国での暴力の終結と対話の再開を呼びかけた。

スプートニク日本

「この数日、スーダンから届く知らせが痛みと懸念を引き起こします。暴力が集結し、対話で共通の善が見つかるよう、この人びとのために祈りましょう」

3日、警察と軍がハルツームの軍本部前の広場で2ヶ月に渡り座り込みを続けていたデモ隊に対し発砲し、追い払った。野党側によると、100人以上が亡くなったと見られる。

関連ニュース

ローマ法王、南スーダン両勢力指導者の靴にキス 両者に和平呼びかけ

タグ
ローマ法王, 南スーダン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント