06:49 2019年12月12日

トルコ軍 対クルド作戦でシリア侵攻 民間人の死者多数

© 写真 : Sputnik Türkiye / Hikmet Durgun
中東
短縮 URL
0 42
でフォローする

トルコは9日、シリア北部のクルド人勢力に対する軍事作戦を開始した。国境地帯では空爆や砲撃に続いて、地上部隊が越境作戦を開始した。在英NGOのシリア人権監視団によると、トルコ軍の爆撃により民間人8人を含む少なくとも15人が死亡した。AFP通信が報じた。

トルコのエルドアン大統領は9日のツイッターで、「平和の春」と題した対クルド作戦の開始を発表した。シリア人権監視団によると、民間人死者のうち2人はカーミシュリーで行われた砲撃によって死亡した模様。クルド人を主体とする民兵組織「シリア民主軍(SDF)」は国際社会に対し「差し迫った人道危機」から人々を守る措置として、飛行禁止区域を設定するよう要請した。

トルコ軍の作戦開始を受け、西側諸国からは批判の声が上がっている。

一方、エルドアン大統領は今回の作戦について、クルド人組織と過激派組織「ダーイシュ(イスラム国、IS)」の両方を標的にしたものと説明している。またトルコ政府は、国内のクルド人反政府勢力とつながりのあるSDFの勢力を弱めるために必要なものだと主張。

トランプ米大統領は6日、これまで緩衝地帯となってきたトルコ・シリア国境周辺から米軍を撤退させると発表。この決定はトルコによるシリアのクルド人攻撃を容認するものとして広く受け止められているが、トランプ大統領は米国と同盟関係にあるクルド人勢力を見捨てたわけではないと強調している。

関連ニュース

タグ
クルド, 戦争・紛争・対立・外交, シリア, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント