23:19 2019年11月17日
アブ・バクル・アル・バグダディ

米メディア 「ダーイシュ(IS)」の後継者候補の名を挙げる

© REUTERS / ALAA AL-MARJANI
中東
短縮 URL
124
でフォローする

テロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)」の最高指導者アブバクル・バグダディの死を受けて、アブドラ・カルダシュ(ハッジ・アブドラ・アル・アファリとしても知られる)が指導者の役割を引き受けた。米週刊誌「ニューズウィーク」が、中東の情報機関当局者の話として報じている。

カルダシュは今年8月、バグダディにより「イスラムの事柄」に関する責任者に指名されたという。

米日刊紙「ワシントン・ポスト」が政府筋の話として報じたところによると、米国の情報機関は、バグダディの後継者となる可能性のある6人の人物の情報を持っている。その中から同紙が唯一名前を挙げているのがカルダシュだ。

カルダシュは「サダム・フセインの下で従軍したこともある元イラク軍将校だった」とニューズウィークは報じている。また、同誌によると、IS指導者としてのバグダディの存在は死亡するまでにすでに象徴的なものとなり、ほとんどISの活動には関与していなかったという。

関連記事

米国がIS最高指導者の殲滅作戦を実行 マスコミは「おそらく殺害」

タグ
シリア, イラク, 米国, ダーイシュ, ISIS
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント