06:53 2019年11月16日

トランプ大統領、シリアの油田保護に関する米軍の任務を承認

© REUTERS / Jonathan Ernst
中東
短縮 URL
0 19
でフォローする

トランプ米大統領は、シリア東部の油田の安全確保に関する米軍の任務拡大を承認した。AP通信が消息筋の情報をもとに報じた。

消息筋によると、トランプ大統領のこのような行動は、油田に対する脅威が発生した場合に米軍がシリア軍、ロシア軍、または他の部隊を攻撃できるかどうかなど、一連の「困難な法的問題」を呼び起こしている

なお、先にトランプ大統領はシリアからの米軍撤退を発表したが、この決定はシリアに数百人の米兵が駐留することを意味しているという。

新たな計画によると、米軍はシリアのクルド人が管理しているシリア東部デリゾールから同国北東部ハサカに及ぶ領土の大部分を防衛する。

AP通信は、トランプ大統領は1200人以上からなるシリアに駐留する米軍の主要部分の早期帰国を繰り返し約束したが、今回の指示はその方針を取り消すものだと報じている。

先にロシア国防省のコナシェンコフ報道官は、米国の政府機関はシリアでの石油生産から毎月3000万ドル以上を受け取って入ると発表した。

関連ニュース

シリア政府軍が北東部の油田を確保

タグ
シリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント