20:32 2020年07月05日
中東
短縮 URL
日産ゴーン事件 (69)
0 76
でフォローする

レバノン外務省筋は通信社スプートニクに、 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告はレバノンにおり、同国のミシェル・アウン大統領とすでに面会したと語った。

ゴーン被告はレバノン国籍を持っており、幼少期をレバノンで過ごした。

消息筋はゴーン被告について「彼は到着した。詳細はない。だが最近、彼は(レバノンに)戻り、レバノン大統領と面会した」と述べた。

先に、ゴーン被告が、海外渡航を禁じた保釈条件に反して日本を出国し、中東のレバノンに入国したと報じられた。ゴーン被告はフランス国籍、ブラジル国籍、レバノン国籍を持っている。被告は、日本を出国し、「政治的迫害から逃れた」との声明を表した。

消息筋によると、ゴーン被告は近日中に記者会見を開く予定。

トピック
日産ゴーン事件 (69)
タグ
日産, カルロス・ゴーン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント