06:55 2020年02月19日
中東
短縮 URL
0 21
でフォローする

イラン海軍のホセイン・ハンザディ司令官は、米国がロシア、イラン、中国の海軍合同演習を妨害しようとしたと非難した。タスニム通信が報じた。

ハンザディ司令官によると、米国とその同盟国は演習の妨害を目的とした「緊急会合」を開いたが、演習参加者らの注意をそらす行動のおかげで、米国は計画を実行することができなかった。司令官は、イランはこの1年間の間に、ロシアと中国ともう1つの海軍合同演習を行う計画だと発表した。

ロシア、イラン、中国の4日間にわたる海軍合同演習は、12月30日に終了した。演習は、3カ国をペルシャ湾のパトロールに引き込もうとする米国の試みを背景に、インド洋とオマーン湾で行われた. 

ペルシャ湾情勢

イランをめぐる状況は、6月13日にオマーン湾で2隻のタンカーが攻撃を受け、爆発と火災が発生した後、悪化した。

6月20日、イラン軍は米海軍の無人機を撃墜、米国はイラン国内の施設3ヶ所へのピンポイント攻撃を計画したが、計画は撤回された。

イランのイスラム革命防衛隊は7月19日、ステナ・バルク社が所有する英船籍のタンカーをホルムズ海峡で拿捕したと発表した。タンカーは、油田があるサウジアラビアのジュバイルに向かっていた。

英外務省は、タンカー拿捕は容認できないとし、国連安全保障理事会に書簡を送った。

関連ニュース

The National Interest誌が世界の海軍トップ5を発表。ロシアと日本もトップ入り 

タグ
米国, イラン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント