02:11 2020年02月24日
中東
短縮 URL
米国対イラン 中東の新たな対立激化 (55)
0 29
でフォローする

米国は、中東地域の緊張が高まっていることを背景に4千人以上の兵力をクウェートに派遣することを開始した。米AP通信が米軍第82空挺師団の公式報道官、マイク・バーンズ中佐の言葉を引用して報じた。

約700人の師団はすでに中東に派兵されており、そこに3500人からなる第82空挺師団が近く投入される。

ハメネイ師
© AP Photo / Office of the Iranian Supreme Leader
中東に派兵される兵士の妻の一人はAP通信からの取材に、夫の派兵が非常に急で予想外だったので、電話でさよならを言うことさえできなかったと語っている。

5日早朝、トランプ米大統領は、イランが米国民を攻撃した場合に備えて、米軍がイランの52ヶ所を重要な攻撃目標に設定したと発表した。この数字について同大統領は、1979年のイラン米大使館人質事件でイラン当局が人質として捕らえた人数に合わせていると説明した。

関連記事

トピック
米国対イラン 中東の新たな対立激化 (55)
タグ
米国, イラン核合意, イラン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント