06:25 2020年10月28日
中東
短縮 URL
イランでウクライナ機墜落 (19)
0 35
でフォローする

イランは、首都テヘランで墜落したウクライナ機について、敵機と誤認して撃墜したと発表した。当時イランは同国のイスラム革命防衛隊のソレイマニ司令官が殺害されたのを受け、イラクにある米軍駐留基地を報復攻撃したことに対する米国の反撃に備えていた。

イラン軍参謀本部は「イランの多くの標的を破壊するという米国の罪深い大統領と軍事司令部の脅威を受け、同地域における前例のない航空活動を考慮し、イラン軍は可能性のある脅威に対応するため、最高の戦闘態勢に置かれた」と発表した。イラン・イスラム共和国放送(IRIB)が報じた。

このような状況の中、テヘランのエマーム・ホメイニー国際空港を離陸し、方向転換してそのような高度でイランの「重要な軍事施設」に接近したウクライナ機は、「敵の標的」と誤認されたという。


イランでボーイング機墜落

イランの首都テヘランで8日、ウクライナ国際航空のボーイング737-800型機が墜落した。キエフ行きのボーイング機は、テヘランのイマーム・ホメイニ空港を離陸した直後に墜落した。

同機に搭乗していたイラン人、ウクライナ人、カナダ人、ドイツ人、スウェーデン人、アフガニスタン人の乗客167人と乗員9人の計176人が死亡した。

航空機による悲劇は、バクダットでの米国の特殊作戦によるイランのソレイマニ司令官の殺害後、米国とイランの関係が悪化したことを背景に発生した。米国政府は、ソレイマニ司令官は米国への攻撃を計画していたと主張しているが、しかし、いまのところ具体的な情報は示されていない

関連記事

トピック
イランでウクライナ機墜落 (19)
タグ
飛行機, ウクライナ, イラン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント