03:12 2020年10月27日
中東
短縮 URL
米国対イラン 中東の新たな対立激化 (59)
1010
でフォローする

米国のマイク・ポンペオ国務長官は、米国政府は、イランに核兵器を所持させないため、同国の核施設への先制攻撃の実施について熟考していると明らかにした。

ラジオ番組「Hugh Hewitt Radio Show」の中では、ポンペオ国務長官に対し、他国領土へのイスラム共和国側からのミサイル攻撃に照らして、イランの核施設への先制攻撃が必要なのか質問がされた。

ポンペオ国務長官は、「それは重要な質問で、そのことについて我われは熟考してきた」と答えた。

ポンペオ国務長官は、この間、米国のドナルド・トランプ大統領は、イランは「核兵器を所持することはできない」と確信し、また、イランの側はこの兵器の所持を追及していないと表明していると指摘した。

関連記事

トピック
米国対イラン 中東の新たな対立激化 (59)
タグ
イラン核合意, イラン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント