13:35 2020年06月05日
中東
短縮 URL
0 15
でフォローする

韓国国防省は21日、ホルムズ海峡に海軍の駆逐艦の派遣を決めたことを明らかにした。目的について同省は自国の船舶の安全を守るためと説明しており、現在、アフリカ、ソマリア沖アデン湾で行っている海賊対策の活動範囲を拡大する。産経新聞が報じた。

米国は韓国に対し、自国が主導する有志連合への参加を呼び掛けてきた。

今回の駆逐艦の派遣は有志連合への直接的な参加の形はとっていないものの、米国の呼び掛けるホルムズ海峡周辺の安全確保には協力する形となることから、韓国政府にはこれによって米国への貢献を示す意図があるものとみられている。

関連記事

専門家「無意味かつ危険」反イラン有志連合に日本が参加したらどうなる?

タグ
米国, 韓国, イラン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント