15:11 2020年07月13日
中東
短縮 URL
0 15
でフォローする

米国が地対空ミサイル「パトリオット」をイラクへ配備する可能性が高い。同ミサイルは、米軍が駐留する軍事基地へのイラン側からの攻撃に対処する。米国防総省の情報筋を引用しテレビチャンネル「フォックス・ニュース」が報じた。

8日、イランは3日にバクダットでガーセム・ソレイマニ司令官が殺害されたことへの報復として、米軍基地へ約15発のミサイルを発射した。米国のドナルド・トランプ大統領と米国防総省の公式発表によれば、米兵には負傷者はいなかった。その後、ニュース配信サイト「ディフェンス・ワン」は、ミサイル砲撃により米兵11人が負傷し、その中には脳震とうが疑われるものもあった。その後、アメリカ中央軍はその情報を確認した。

 フォックス・ニュースの解説者は、米高官を引用し、「イラクの米兵の防衛のため、地対空ミサイル『パトリオット』が配備される可能性が高い」と語った。

フォックス・ニュースによれば、米軍は、地対空ミサイルシステムを配備していなかったことから、イランのミサイルへの迎撃を行なわなかった。

タグ
パトリオットミサイル, イラク, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント