08:02 2020年02月20日
中東
短縮 URL
米国対イラン 中東の新たな対立激化 (55)
0 51
でフォローする

イランの最高指導者ハメネイ師の軍事顧問を務めるホセイン・デフガン氏は、イラン革命防衛隊の特殊部隊「コッズ部隊」のソレイマニ司令官が米国に殺害されたのを受け、イランはいかなる条件下においても米国とは交渉しないと述べた。

デフガン氏は「いかなる条件下においても、イランはこのような屈辱に屈することはなく、イラン国民は、外国を公式訪問していた公人の殺害を命じた者と交渉を行うことはない」と述べた。イランのタスニム通信が伝えた。

デフガン氏は、イランのザリフ外相が、ソレイマニ司令官殺害後、米国との交渉の可能性について発言したのを受け、このように述べた。

ザリフ外相は、米国が方針を変更し、対イラン制裁を解除するならば、「米国との交渉の可能性を排除しない」と述べ、イランはまだ交渉のテーブルについているが、米国が交渉のテーブルから去ったと強調した。

関連記事

トピック
米国対イラン 中東の新たな対立激化 (55)
タグ
米国, イラン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント