00:28 2021年04月19日
中東
短縮 URL
0 05
でフォローする

ドバイ(アラブ首長国連邦)の警察は、ホテルのバルコニーでヌード撮影に参加した女約10人を逮捕した。同国のニュースサイト「ザ・ナショナル・ニュース」が報じている。

3日、現地で人気のホテル「ドバイ・マリーナ・アパートメント」のバルコニーで女性10人以上が全裸でカメラに向かってポーズを取っている動画や写真がSNSに投稿された。

​投稿された動画や写真は世間を驚かせることとなり、警察は同日、撮影に参加した女を拘束した。

​​このヌード撮影は、イスラム教を国教とするアラブ首長国連邦の社会を怒らせた。同国では公衆の面前でキスをしたり、ライセンスなしでアルコールを飲むと罰せられる。

警察は、こういったコンテンツを控えるように求めており、撮影参加者の行動は「首長国連邦の社会の価値観や倫理」を反映していないと述べている。

裁判が行われれば、この女たちは同国の礼儀に関する法律に違反したとして、最大6ヶ月の禁固刑と1000ポンド(約15万3300円)の罰金を科せられる恐れがある。

このニュースがSNS上で拡散された後、ネットユーザーは女たちの国籍に関して憤慨している。彼女らの中には、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ、モルドバ国籍の者が含まれていた。

関連記事

タグ
アラブ首長国連邦, ヌード, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント