23:48 2021年09月20日
中東
短縮 URL
0 13
でフォローする

タリバンは、アフガニスタン北東部のパンジシール州において、タリバン対抗勢力の指導者のひとりでアムルラ・サレー暫定大統領の兄が、タリバンによって捕虜にされ、殺害された。ロイター通信が一族の代表からの情報として報じた。

ロイター通信によれば、サレー氏の兄のロフラ・アジジ氏が殺害されたというニュースは、タリバンが対抗勢力の唯一の砦のパンジシール州中心部を掌握した数日後に伝わった。

エブドゥラ・サレー氏はロイター通信からの取材に文書で「あいつらは私の叔父を死刑にした」と答え、「叔父はあいつらに昨日殺害された。私たちには叔父を埋葬することも許されなかった」と伝えた。

ロイター通信によれば、タリバンの情報庁のウルドゥー語によるアカウント「アレマラフ」には、ロフラ・サレー氏がパンジシール州での戦闘行為の最中に殺害されたと「伝えられた」と記載されている。

関連ニュース

タグ
タリバン, アフガニスタン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント