05:36 2021年09月20日
中東
短縮 URL
アフガニスタンのタリバン情勢 (143)
0 12
でフォローする

タリバン(ロシアはタリバンをテロリストと認定し、活動を禁じている)は今、国外に逃亡したアフガニスタン軍の元帥で前副首相のアブドゥル=ラシード・ドスタムの邸宅に住んでいる。米ニューヨーク・タイムズ紙が、この邸宅について感想を述べるタリバンの兵士たちの映像を公開した。

ドスタム氏は、タリバンがアフガニスタンで攻勢を強める中、8月15日までに国外に脱出した。邸宅の中にあるサウナやプールを見たタリバンの兵士は、「私は街に住んでいたが、このような室内を見るのは初めてだ」と述べている。

さらにタリバンは、「我々は、山や砂漠の中でずっと暮らしてきた。我々には食べるものがなく、銃口を向けられたまま生きてきた。政治家や金持ち、権力者たちは、人々の血を流してこのような家を建ててきた」と語っている。


8月、タリバンは政府軍への攻勢を強め、アフガニスタン情勢は直近の数週間で急激に悪化した。

8月15日、タリバンは首都カブールに侵攻し、大統領府を制圧した。アフガニスタンのアシュラフ・ガニー大統領は「大量殺戮阻止」を目的に祖国を離れた

タリバンの指導者は8月16日に戦争終結を宣言し、国家統治に関する形態を近く公表するとした。現時点でアフガニスタンでは全ての国境がタリバンの管理下に入っている。

関連ニュース

トピック
アフガニスタンのタリバン情勢 (143)
タグ
タリバン, アフガニスタン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント