03:50 2019年02月17日
対艦ミサイル「オニクス」(「ヤホント」)
© Sputnik /

超音速誘導ミサイル「オニクス」(輸出用の名称は「ヤホント」)は火力や電波による反撃のもとで水上艦を撃滅する

輸出用の名称は「ヤホント」、米国・NATOのコードネームはSS-N-26 Strobile。汎用対艦中距離ミサイル「オニクス」は水上の艦隊または単独艦との火力・電波による強力な反撃をともなう戦闘を行う。また、地上の標的にも使用されうる。この場合は、着弾距離は対艦使用時の平常飛距離「300km」の数倍の飛距離となる。

新型ミサイルは当初から汎用ミサイルとして設計された。潜水艦にも、水上艦にも、小型の船艇にも、航空機にも、陸上発射装置にも搭載できる。その汎用性においては、この方面における「記録保持者」である米国の対艦ミサイル「ハープーン」を凌ぐ。

関連:

世界最高のヘリコプター、「ミー8」
ソ連初の第4世代軍用機
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

インフォグラフィックをもっと見る