04:12 2018年06月23日
兵士の次世代軍装「ラトニク」
© Sputnik /

アラミド繊維製防破カバーオール。時速140m毎秒で飛ぶ1g以下の弾薬、手榴弾、迫撃砲弾に耐える。火炎に10秒間耐える

「ラトニク」はロシア軍の軍人の軍装である。「次世代の兵士用装備」とも言われる。「ラトニク」は、ナビゲーション、暗視装置、戦士の肉体・精神的状態の追跡、装甲や被服への先進素材の使用といった分野における最新の学術的成果を用いて戦場における一人ひとりの兵士の質を向上させる総合的プロジェクトの一環をなすものである

この軍装が最初に発表されたのは航空博覧会MAKS-2011においてのことである。2012年12月にはモスクワ郊外にある第27自動車化狙撃旅団の「アラビノ」基地で軍事的な試験が行われた。試験の結果、軍装は、軍司令官から肯定的な評価を受けた。

2015年初頭、「ラトニク」の最初のサンプルがロシア軍の装備に加えられた。ロシア軍は「ラトニク」を年間5万ユニットずつ取得する。

関連:

可搬式地上ミサイル複合体RS-24「ヤルス」
対艦ミサイル「オニクス」(「ヤホント」)
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

インフォグラフィックをもっと見る