20:25 2019年10月23日
八田達夫アジア成長研究所所長、経済同友会政策分析センター所長

八田達夫アジア成長研究所所長、経済同友会政策分析センター所長所のインタビュー

© Sputnik /
マルチメディア
短縮 URL
東方経済フォーラム2015 (67)
0 30
でフォローする

スプートニクのインタビューに対し八田氏は、日本の実業界からは東方経済フォーラムへの参加申請が千通以上集まった、と語っている。ロシア極東に寄せる日本の関心の高さをうかがわせる事実だ。

八田氏は初めてウラジオストクを訪れた。美しく、巨大な成長ポテンシャルを持つ街、との印象を抱いたという。エネルギー資源など天然資源が豊かで、耕作地もたくさん余っており、物流インフラが整っており、海への出口もあり、人的資源も豊か。ただ、日本は今、何よりもロシア極東のエネルギー資源に関心を持っている。

© Sputnik .
八田達夫アジア成長研究所所長、経済同友会政策分析センター所長

既に道は敷かれている。大きな船が先に行けば、小さな船はあとに従うだろう。成功への期待は高く、最初の投資プロジェクトがどうなるかにあとのことは大きく依存するだろう。その意味で今回のフォーラムは非常に重要だ。

トピック
東方経済フォーラム2015 (67)

関連:

東方経済フォーラム2015の準備
スプートニク 東方経済フォーラムの国際情報パートナーに
東方経済フォーラム、ウラジオストクに日本型の都市再建が提案
東方経済フォーラム参加者「ウラジオストクは21世紀のシンガポールになる」
タグ
露日関係, 日本, 極東, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント