16:11 2018年12月16日
コンピューターコード

平昌五輪のサーバーにハッカー攻撃 開会式の最中

© Fotolia / Tomasz Zajda
ニュース
短縮 URL
132

9日、平昌(ピョンチャン)五輪の開会式が行われている最中、五輪のサーバーがハッカー攻撃にさらされた。平昌五輪・パラリンピック組織委員会への取材をもとに聯合ニュースが伝えた。

スプートニク日本

攻撃の結果、メインプレスセンターでのインターネットによるテレビ放送が乱れた。大きな被害を回避するためにサーバーを切断した結果、五輪のウェブサイトの運用が一時停止。サーバーが切断された状態の間、観客は以前に予約していた五輪競技や行事のチケットを印刷することができなかった。

聯合ニュースによると、ウェブサイトの運用は10日8時(日本時間9時)に復旧。組織委員会は公式声明で、若干の問題が「重大でないシステム」の運用に影響したものの、選手や観客の安全確保に影響は全くなかったと発表した。

関連ニュース

ハッカーらは他人の冷蔵庫に仮想通貨のマイニングを強要できる?

北朝鮮御用ハッカー 飢えと貧困の現実を吐露

タグ
ハッカー, 五輪, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント