07:08 2019年05月23日
ガス

中国はロシア産ガスを必要としていない?

© Flickr/ Paul Hudson
オピニオン
短縮 URL
0 32

ロシアの「ガスプロム」と中国の中国石油天然気集団公司(CNPC)は、ガスパイプライン「シーラ・ シビーリ2」(旧「アルタイ」)に関する契約の調印を無期延期した。経済紙「ヴェドモスチ」が、連邦機関筋の情報として伝えた。専門家たちによると、中国の経済問題と、パートナー企業間の価格に関する意見の相違が理由だという。

「シーラ・シビーリ2」は、西ルートでロシア産ガスを中国へ供給するもの。「ガスプロム」とCNPCは、2014年11月に、価格に関する枠組み協定に調印し、2015年5月に、供給条件に関する合意に署名がなされた。同プロジェクトは、以前は「アルタイ」と呼ばれ、最近、「シーラ・シビーリ2」と名称が変更されたパイプラインを経由して、西シベリアの産地から、中国へ天然ガスを供給するものだ。年間300億立方メートルのガスを供給することで合意されている。なお、パートナー企業は、将来的に、ガスパイプラインの2本目および3本目の支線を建設する可能性もあるとしており、その潜在的な輸送能力は、最大で年間1000億立方メートルとなる。パイプラインは、シベリア西部を通り、中国の新疆ウイグル自治区まで伸びる計画。ロシアは、「西の」ガスパイプラインを用いて、トルクメニスタン、カザフスタン、ウズベキスタンとの中国市場をめぐる競争に加わる意向。この3カ国は、ガスパイプライン「中央アジア・中国」を経由して、同じく新疆ウイグル自治区へガスを供給している。

「ガスプロム」のミレル社長は最近、西ルートに関する商業交渉は急速に進展しており、ガスパイプラインの設計書は、建設が始められる段階までほぼ準備が整ったと発表した。そして、今年末までに契約に調印がなされた場合、同ルートによる中国へのガス供給は、5年後に開始される可能性がある。しかし、契約への調印が延期されたと報じられた。

専門家たちは、考えられるいくつかの原因を挙げている。その一つは、中国経済の鈍化だ。これは、ガス需要の低下につながる。したがって、価格が下がる。「ガスプロム」は、価格に関する「歩み寄り」に同意している。しかし、それは、わずかなものであり、大きく譲歩することは望んでいない。なぜなら、ガスパイプラインの建設には膨大な費用がかかるからだ。中国は、ガスパイプラインをより安く建設する用意があると発表し、中国企業が参加する入札を行うよう提案している。中国企業は、ロシア部分のパイプライン建設に、中国の労働力と設備を使用するようにとの条件を提示している。これに対して「ガスプロム」は、中国の労働者などを誘致する必要はないと答えた。

西ルートのガスパイプラインは、袋小路に陥ったのだろうか?露中分析センターのセルゲイ・サナコエフ所長は、状況は複雑だが、決して行き詰ってはいないと述べ、次のように語っている。

「もちろん私たちは中国と合意するでしょう。なぜなら国益の観点から見た場合、これは互恵的な取引だからです。ロシアにとって中国への供給は、輸出を多角化できるという点で利益があります。中国にとっては、エネルギーの安定供給を得るという点で利点があります。加えてロシアは、自国の戦略的パートナーとして、中国に安定したガス供給を長期的に保証する用意があります。恐らく、『ガスプロム』と『CNPC』が合意に達するためには、政治レベルでの介入が必要となるでしょう」

サナコエフ所長は、約10年にわたった東ルートによる中国へのガス供給に関する話し合いでも、同じような状況がみられたが、最終的に、2014年5月に、中国の上海でロシアのプーチン大統領と中国の習国家主席が会談した後、契約に調印がなされたと指摘した。サナコエフ所長は、予定されているロシア大統領の中国訪問が、西ルート問題の解決に寄与する可能性があると考えている。プーチン大統領は9月初旬、北京を訪問する。北京では、中国人民の抗日戦争勝利70周年の記念式典が開かれる。

 

 

 

関連:

ガスプロム、ウクライナガス供給を7月1日から停止
ガスプロム、E.ON、Shell、OMV ロシアからドイツまでのガスパイプライン建設へ
ガスプロム:西ルートによる 中国向けガス供給、元および ルーブル建てで決済する用意あり
タグ
ガスプロム, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント