10:35 2018年01月23日
東京+ 2°C
モスクワ-12°C
    塩原俊彦氏、ドンバスを独立させるため西側はウクライナに圧力をかけるべき

    塩原俊彦氏、ドンバスを独立させるため西側はウクライナに圧力をかけるべき

    © AP Photo/ Evgeniy Maloletka
    オピニオン
    短縮 URL
    アンドレイ イワノフ
    ウクライナ危機 (341)
    0 192

    ここ数日、ウクライナ南部、東部からは憂慮すべきニュースが流れてきている。ウクライナ軍はドネツク、ルガンスク両人民共和国との境界線に集結させられており、砲兵隊が居住区へ砲撃を行なったために、数十人もの一般市民がこれの犠牲となった。専門家らは、ウクライナ政府が誤った政策のために陥った苦しい経済状況からウクライナ国民の注意をそらすためにドンバスへの攻撃を再開したのではないかとする見方を表している。

    有名な日本人研究者の塩原俊彦氏はこの状況についてラジオ「スプートニク」からのインタビューに答えてくれた。塩原氏は1年前、大きなスキャンダルを巻き起こした『ウクライナ・ゲート』という本を出版した。このなかで塩原氏は、ウクライナで2014年2月に憲法に違反して起きた政変は米国の助けで実行されたものと語っている。塩原氏は今年2015年、新たな著書『ウクライナ2.0』を発表した。新たな著書では2014年夏から秋、2015年の春までの状況が考察されている。

    『ウクライナ2.0』
    © Sputnik/
    『ウクライナ2.0』

    ラジオ「スプートニク」: 今、戦闘再開の恐れがあります。ロシアの記者もOSCEもウクライナ軍が東へ動いているのを確認していますが、あなたはウクライナが戦争を再開すると思いますか?

    А:「ウクライナは独立記念日を前にして、戦争したがっているわけでしょう。だから独立記念日が過ぎれば、また収まるんじゃないですか?」
    Q: ミンスク合意は、ウクライナ問題の平和的解決に効力があるでしょうか?
    А:「ミンスク合意はないよりはいいですが、これを実現してもウクライナがよくなるわけでもないですし、問題解決には程遠い。」

    Q: 戦争を解決するには何をすべきでしょうか?

    А:「とりあえずは、仕方ないのでミンスク合意を遵守するのがまず第1歩でしょう。そしてその規定に基づいてウクライナ憲法を改正し、そのドンバス地域の独立性を保障するような国内法を作って、ウクライナ国内の安定を図るということではないですか?」

    Q: ウクライナ軍が戦闘再開したら、ロシアはどういう行動をとるべきでしょうか?

    А:「そういうことがないようにしなければいけないのですし、そのためにミンスク合意がせっかく結ばれているのだから、遵守するよう働きかけることが大事なので、OSCEをはじめ、欧州各国を含め、ミンスク合意を遵守するよう、ウクライナ政府に圧力をかけるしかないんじゃないですか?」

    Q: ウクライナ危機開始から西側はロシアを厳しく非難し、ウクライナを支持しました。ところが今、西側は事実を知り、問題はロシアではなく、ウクライナ政府だとわかり、これを批判しています。日本政府の立場には変化はありませんか?

    А:「まったく変化はありませんね。」

    Q:日本政府は今もウクライナを支持し、ロシアを非難していますか?

    А:「そうでしょうね。」

    Q: どうして日本はウクライナへの態度を変えないのでしょうか?

    А:「私の本を読む人が少ないからでしょうね。これを読めば真実がわかるはずです。 私の本がもっと日本人に多く読まれれば、ロシアなんか悪くないんだ、悪いのは米国なんだということをもっと多くの人が理解してくれるでしょう。」

    トピック
    ウクライナ危機 (341)
    タグ
    日本, ドンバス, ウクライナ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント