15:04 2019年08月25日
難民

専門家:米国は欧州の世論を操作するために意図して中東に無秩序を創り出した

© REUTERS / Leonhard Foeger
オピニオン
短縮 URL
1252

欧州文明にとっての最悪の敵は、米国、英国、EUの政治家たちである。地政学ウォッチャーのトニ・カルタルッチ氏がスプートニクの取材に対して述べた。

同氏によれば、中東から欧州に押し寄せる難民たちは、米国の政治家らの手先になっている。米国の政治家らは2007年以降、中東および北アフリカの政権転覆に励んでいる。

「中東・北アフリカの混乱は意図的に仕組まれた。地域のみならず、欧州およびユーラシアにどのような悲惨な未来が待っているかを知り抜いた上で仕組まれたことなのだ」とカルタルッチ氏。

氏によれば、米国の政治家らは欧州に管理不能なほど大量の移民が押し寄せる事態をあらかじめ予定していた。「米国のような戦闘行為を遂行している国が大規模な人口移動を予想できる状態になかったなどとは考えにくい。米国の政治家らは考え抜かれた計画を持っていたと考えるほうが自然だ。難民を利用して世論を操作し、シリア政府、さらにはそれ以外のものに対しても軍事的な干渉を強めるきっかけにしようとしたのだ。」

関連:

メルケル首相 難民問題は、ロシア参加の下で解決する必要がある
EU 難民支援のために10億ユーロ追加支援へ
エルサレムのイマーム イスラム教徒の難民に欧州征服を呼びかける
メルケル首相、難民問題はロシアなしには解決不可能
EU内相会議 12万人の難民受け入れ分担に関する決定を承認
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント