01:25 2019年05月21日
シリア

イラン人専門家:米国にはシリア問題を政治的に解決する気はない

© AFP 2019 / Abd Doumany
オピニオン
短縮 URL
2130

米国は、ロシアが中東紛争解決に向けて提案した国連安保理決議案を阻んだ。ロシアのヴィターリ・チュルキン国連大使が明らかにした。チュルキン大使は、ロシアの紛争調整案は特に、この地域のテロリストらの勢力を抑えるための緊急介入の必要性を訴える声明を含んでいたと確認している。決議案にはまた、「イスラム国(IS)」対策の調整センターの設立が提案されていた。これに対し、米国務長官補、国際組織問題担当のシバ・クロッカー氏は、米国サイドがロシアの案を支持しなかったのはそれがシリアの政権交代を邪魔するものであったためということを事実上認めた。

イラン人政治学者でテヘラン大学米国研究調査学科の専門家、フアド・イザディ博士はこれについてラジオ「スプートニク」からのインタビューに答え、ロシアの国連安保理決議案が阻まれたことでシリアにおけるロシア、イランの軍隊と西側の連合軍との協調行動は実現が怪しくなったとし、次のように語っている。

「米国政府が関心があるのはアサド政権の交代だけだ。だから最短期間でシリア問題を解決する気が全くない。もし米国にその気があれば、まず最初にこの地域における自国の同盟国とともに行動し、ISのテロリストらへの支援を断ち切るくらいのことはしたはずだ。だが我々は、ISのテロリストらが他の集団からも未だに国外からの資金を受け取っている現状を目にしている。

このことから言えるのは、米国にはシリア危機を政治的方法で解決する気ができないということだ。イランとロシアがシリア危機がこの先拡大せぬよう積極的に阻止し、地域のテロリストらを中和化しようとしている間に、米国はこうした行為を『悪意を持って』受け止めている。実際にロシアは米国にはまぶしいライバル扱いされている。シリアの無実の市民は毎日殺され続けている。この死はまさに米国の無慈悲な外交政策によってもたらされているのだ。」

 

 

 

関連:

肝心なのは建設的だった事:プーチン・オバマ両大統領 シリア及びウクライナ問題を討議
オバマ氏、米国はシリア紛争解決のためにロシアと協力の構え
ラヴロフ、ケリー両外相、シリア情勢を再討議
国連事務総長、シリア紛争解決の義務を負う5カ国にロシアを列挙
シリア領からロケット弾飛来 イスラエルがシリア軍の拠点を報復攻撃
中国、シリア沿岸に中国空母が派遣されているという噂を否定
タグ
米国, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント