15:19 2017年09月22日
東京+ 24°C
モスクワ+ 8°C
    ロシア特務部隊「アリファ」元隊員「ロシア空軍には有志連合より1Sと効果的に戦う能力あり」

    ロシア特務部隊「アリファ」元隊員「ロシア空軍には有志連合よりISと効果的に戦う能力あり」

    © Sputnik/ Alexey Filippov
    オピニオン
    短縮 URL
    0 730160

    ロシアの諜報機関は、テロリストの居場所を特定するためのデータを持っており、ロシア連邦空軍は、米国が率いる有志連合より正確かつ強力に、IS戦闘員の陣地に攻撃を加えることができる。ロシアが誇る対テロリスト特務部隊「アリファ」の元隊員たちが作る組織、国際「アリファ」元隊員連盟のセルゲイ・ゴンチャロフ会長は、このように指摘した。

    30日、プーチン大統領の呼びかけによりロシア議会上院連邦会議は、国外でのロシア軍の使用を承認した。軍事援助は、シリアのアサド大統領がロシアに要請したものだ。

    なおセルゲイ・イワノフ大統領府長官は「これは、ロシア空軍の作戦に限ったもので、地上作戦での軍隊の使用は除かれる」と伝えた。

    国際「アリファ」元隊員連盟のゴンチャロフ会長は、リア-ノーヴォスチ通信のインタビューの中で次のように答えている-

    「ロシアの陸軍が参加する可能性はない。ロシア空軍には、米国やフランス、そのほかの国々の空軍が行ったこと以上の仕事をする能力がある。ロシアのパイロットが示している事実それ自体が、結婚式や葬式の参列者を誤爆してしまう有志連合のパイロットらより、正確かつ強力に空爆が可能だと、我々が主張しうる根拠になっている。

    最も肝心なのは、我々の諜報機関が、テロリストらの居場所を特定するために十分な、データを持っている点にある。」

    ロシア上院は、ロシア空軍を国外で使用することに満場一致で賛成した。30日水曜日ロシアは、この件についてあらゆるパートナー国、組織に伝えている。

    関連:

    シリアでのロシア航空宇宙軍の航空部隊に航空機とヘリコプター50機以上が加わる―ロシア国防省
    プーチン大統領:一般市民の犠牲者に関する情報は、シリアでロシア航空宇宙軍が攻撃する前に報じられた
    ロシア大統領府:外国ではシリアにおける作戦について事実を歪曲した情報が非常に多い
    ロシア航空宇宙軍 シリアでテロリストの自動車爆弾製造工場を破壊(動画)
    ラブロフ外相とケリー国務長官 シリアに関する軍のコンタクトについて合意
    タグ
    シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント