13:24 2018年11月16日
評論家:アサド大統領のモスクワ訪問は、プーチン大統領側からの強い「政治的一撃」

評論家:アサド大統領のモスクワ訪問は、プーチン大統領側からの強い「政治的一撃」

© Sputnik / Alexei Druzhinin
オピニオン
短縮 URL
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)
0 430

ロシアの首都モスクワで実施されたロシアのプーチン大統領とシリアのアサド大統領の会談は、「シリアに対するロシアの立場の真剣さを反映した、ロシアによる強い政治的一撃だ」。作家で政治評論家のファディ・アクム氏は、ラジオ「スプートニク」のインタビューで、このような見解を表した。

アクム氏は、次のように語った‐

「シリアのアサド大統領のモスクワ訪問が、ウラジーミル・プーチン大統領側からの強い政治的一撃であることは確実だ。これは、地域で近いうちに何が起こるかについての、国際社会に向けられたメッセージだ。

このメッセージは、ロシアのミサイルよりも威力を持っており、シリアやアサド政権に対するロシアの真剣さを物語っている」。

アクム氏は、アサド大統領とプーチン大統領の会談の政治的側面については、「ロシアは、この歴史的段階、特にシリア問題に関して、ロシアとゲームをしてはならないというメッセージを国際社会に送りたいのだ」と指摘したほか、シリアとロシアの首脳会談は、「シリア危機に対するロシアの変わらぬ立場を示した」と述べた。

シリアのアサド大統領は20日にモスクワを訪問し、翌21日にシリアへ帰国した。2011年にシリアで紛争が始まって以来、アサド大統領が外国を訪問するのは今回が初めてだった。

トピック
対「イスラム国」シリアにおけるロシア軍事作戦 (231)

関連:

シリア大統領は、反IS有志連合ではなく、ロシアの支援を当てにしている―イラン人専門家
アサド大統領 20日にモスクワを訪問しプーチン大統領と会談
タグ
シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント