00:51 2017年11月19日
東京+ 9°C
モスクワ+ 3°C
    アサド氏、プーチン大統領との会談は立場強化の

    アサド氏、プーチン大統領との会談は立場強化への強気の一歩

    © Sputnik/ Alexey Druzhinin
    オピニオン
    短縮 URL
    1433160

    シリアのアサド大統領のモスクワ訪問の意義を政治学者ら、専門家らは討議し続けている。ラジオ「スプートニク」はこのテーマについて世界中の専門家らにインタビューを行った。

    トルコ人政治学者で国際戦略調査センターで中東とロシアの問題を扱うハサン・セリム・オゼルテム氏は、プーチン、アサド両首脳の会談はシリアの移行期におけるロシアの役割の重要度を内外にはっきりと示したとして、次のように語っている。

    「アサド氏がシリア国外で行った初の会談の相手がプーチン氏だったという事実が注目に値いする。これはつまり、シリアの移行期においてロシアがどれだけ重要な役割を演じているかを示している。
    反アサド陣営は、シリア正常化プロセスおよび移行期においてアサド氏をこれに参加させる可能性を討議し始めた。今ある情報から判断すると、この問題に関する当事者らの立場は徐々に近づきつつある。少なくとも、政治プロセスにアサド氏を含めるのは絶対反対という考えはもう見当たらない。

    ここにあるのはアサド氏の立場を強める2つの主要なファクターだ。ひとつは、ロシアの支援のおかげでシリア大統領が国内の反体制派に対抗する上で得られる優先的立場。

    2つ目のファクター。これはロシアとシリアの共通戦略の枠内で行われるロシアの支援。これは両首脳の会談で決められたもので、将来のシリア正常化交渉の過程で拡大していくものだ。」

    独の月刊誌ZUERSTの編集長でシリア危機の報道に詳しいマヌエル・オクセンライター氏は、アサド氏にとってプーチン大統領との会談は自らの立場を強化する上で強気の一歩になったとして、次のように語っている。

    「アサド大統領は公から姿を隠すことは決してなかった。アサド氏は定期的に演説を行ってきている。これはシリアにおいては絶対的に必要不可欠なことだ。

    戦争が開始された2011年から2012年、情報戦争はアサドは逃亡中だ、もしくはロシアの空母か、アラブのどこかの国に隠れているのだと書きたてた。 このためアサド大統領は、自分が闘い、働いているところを見せる必要が大いにあった。

    数年前、アサド氏は、自分は職務を捨てない、自分を選んでくれた国を捨てない、この国を戦争から抜け出させてみせる、もし死ぬことがあったとしても、シリアを捨てることはないと語っていた。このときアサド氏は多くのシリア人にとって真の意味での大統領になったのだ。

    だから今回のプーチン大統領との会談は、アサド氏の立場を強化する非常によい手だった。シリアの親ロシア的な感情は非常に強い。」

     

     

    関連:

    アサド大統領 20日にモスクワを訪問しプーチン大統領と会談
    アサド大統領 シリアとロシアの連合が失敗した場合について語る
    ロシア アサド大統領の要請でISと戦うためにシリアで空軍使用へ‐ロシア大統領府長官
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント