18:06 2017年09月26日
東京+ 27°C
モスクワ+ 11°C
    中国、北朝鮮を罰したいのはやまやまだが、痛い目にはあわせられない

    中国、北朝鮮を罰したいのはやまやまだが、痛い目にはあわせられない

    © AP Photo/ APTN
    オピニオン
    短縮 URL
    リュドミラ サーキャン
    51032113

    1月6日に行なわれた朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核実験に対する国連安保理決議の策定作業が「緩慢に行なわれている」原因は中国の立場にある。韓国の聯合ニュースはこう報じている。聯合ニュースは消息筋からの情報を引用し、米国は中国に、北朝鮮に対する厳格な決議案を渡したものの、中国の反応は今のところ一貫していないと伝えている。

    その一方で米国は韓国に対してMDシステムの構築を執拗に提案している。これは現在日米が創設しているものに類似する。またこの地域の水域に米国の原子力潜水艦のプレゼンスを拡大し、韓国の南部に「補足的な戦略的要素」を展開させるための交渉も続けられている。おそらくこれはF-22の第5世代戦闘機ラプターのことを指しているものと思われる。米国はラプターを1月23日、横田基地に配置した。中谷防衛大臣はこれを「米国の抑止力」と呼び、北朝鮮の核実験後、北東アジアの情勢が緊迫化するなかで日本にはこうしたけん制が必要との見方を示している。

    一連の専門家らはこうした活発化は北朝鮮に対するシグナルにとどまらず、シグナルは中国に対しても送られているとの見方を示している。中国は言葉の上では北朝鮮の核プログラムに反対の姿勢を示しながらも、状況のバランスを崩し、予測不可能な結果を引き起こすことを恐れて、北朝鮮に対して断固とした姿勢をとることは控えている。もちろん自国の国境のすぐ近くで核の紛争の脅威があることを中国は歓迎してはおらず、核兵器にからんだ偶発的な事態の危険性については言うに及ばない。中国は北朝鮮に圧力を講じるレバーを握っている。たとえば石油、石油製品など、北朝鮮が制裁のために他国から買うことのできない商品の供給がそうだ。だが北朝鮮に経済破綻を起こす構えには中国がないのは、人道的見地だけにとどまらない。

    第1に、北朝鮮の核の自立性よりも中国を脅かしているのは、南シナ海、東シナ海での中国の活発な活動を制限しうる日米韓の軍事同盟の強化だ。第2に、北朝鮮にあるシステムの不安定化や崩壊を中国は深刻に危険視している。これはドイツのシナリオにそった朝鮮統一や、中国との国境に米国の最大の連合国が誕生する危険性を引き起こすからだ。中国はこれを望まないために、自ら国連安保理で一票を投じたにもかかわらず、その制裁体制に北朝鮮が違反することに目をつぶっている。

    米国は中国の助けを借りずとも、例えば北朝鮮と関係を持つ企業に制裁を行なうことで、北朝鮮にとっての経済破綻を起こせただろうことは明白だ。だがそうすれば、これは第1に中国にとって打撃となっただろう。中国の対米取引高はほぼ5300億ドルにも達する。

    ロシア科学アカデミー極東研究所、朝鮮調査センターのアレクサンドル・ジェビン所長は、自国の主たる経済パートナーを打ちのめしたくないために、米国は中国に対し北朝鮮へ圧力をかけるよう説得しようとしているとの見方を示し、次のように語っている。

    「日米の行動は北朝鮮に対し中国を使って圧力をかけようとするものだ。もちろん、ロシアも米国も中国も朝鮮半島に核軍備が進むことに無関心というわけではない。だが、米国はそもそも初めから北朝鮮と話をまとめる気はなく、逆にわざと北朝鮮を煽動してこういう行動を取らせていると私は思う。この話が始まったとき、ワシントンポスト紙は、かなり仮説的に留まり続けている北朝鮮の脅威はこの地域におけるMD展開のための唯一のまあまあシリアスな論拠だと評した。金正恩体制および北朝鮮が存在しているということは非常に好都合なのだ。米国自体にとって深刻な脅威はない。米国防総省の報告書でさえ、北朝鮮の大陸間弾道弾の弾頭は未だに作られていないことは指摘されている。その代わり、この地域で米国が自国の軍事アピアランスや影響力を強化するための前提条件がある。この前提条件を日本もまた利用し、国防力の拡大に使っているのだ。」

    タグ
    ミサイル, 核問題, 制裁, 北朝鮮, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント