22:24 2016年09月30日
東京+ 22°C
モスクワ+ 13°C
    愛

    セックスが日本経済を破壊する?

    © Sputnik/ Mikhail Mordasov
    オピニオン
    短縮 URL
    タチヤナ フロニ
    9434515424

    日本ではここ数年、性的反革命とも言うべきものが生じている。日本の若者達が、もはやデートもせず結婚もしないばかりか、セックスも欲しなくなっているというのだ。この現象は「独身症候群」と呼ばれ、社会学者らは、すでに数年前から指摘してきた。

    日本の国立社会保障・人口問題研究所は、18歳から34歳の独身男性の61%、独身女性の49%が、いかなる恋愛状態にもないというデータを引用している。一方日本家族計画協会(JFPA)は、16歳から24世の女性の45%が、性的コンタクトに関心が無いか、嫌悪感を抱いていると明らかにした。そうしたことから専門家らは、今後ますます日本の若者達が、家族や子供を持たなくなって行けば、問題は、深刻化するばかりだと憂慮している。

    日本の若者は、アニメの主人公達の恋愛物語を喜んで見るが、自分自身が現実のロマンスの主人公になる事を望んでいない。なぜそうしたくないかについて、日本の若者達は、相手に気に入られるようにするにはあまりに多くの努力が必要である事、休日の自分のプランがデートによりつぶれてしまう事などをあげている。

    スプートニク日本のタチヤナ・フロニ記者は「そうした日本の若者の状況をロシアの専門家は、どう見ているのか?」人口動態学・移民・地域発展研究所監督評議会のユーリイ・クルプノフ議長に話を聞いた。議長は「セックスと家族の無い生活という現象は、社会の中で拡大するエゴイズムによって説明できる」と考えている-

    「若い人達は、家族を築き子供を持ちたがらない。それは、自分にさらなる責任が加わるからだ。彼らは、子供達が主な位置を占めてきた伝統的な家族的価値観から、ますます離れようとしている。今や家族は危機的状態にあると言ってもよい。もしこうした傾向が続くなら、近い将来、みなさんの生活からは愛も消えてしまうだろう。肝心なのは、ぎりぎりのところで何によって家族が形作られているかということだ。日本では、すでに性的関係も拒否されている。彼らの生活にもし、セックスが存在しているのであれば、それは、本当の性的関係の一種の代用であり、そこには2人の関係に対する責任や精神性は除外されるという、一種の暗黙の了解がある。

    その方が楽だし、キャリア作りも容易だ。生活も心地よい。もちろん、人類が絶滅に向かって進むとは誰も言わないだろう。しかし伝統的なしっかりとした家族がないなら、社会は崩壊し始める。なぜなら、個人的関係において、近しい他者に対する責任を拒否するのであれば、国や社会の秩序に対する責任も、この先放棄する誘惑に駆られるからである。」

    現在の日本の若者達の、他者に対して恒常的に恋愛感情や性的欲求を抱かないアセクシュアル的特徴は、欧米の人々にはあまりよく分からない日本人の、さらにもう一つの特殊性、特質として、受け止め理解できるかもしれない。もし例え、そうした見方に完全には賛成できないとしても、日本では、老齢者、年金生活者がますます増えており、彼らを自分達の税金で保障しなくてはならない世代の人口は、ますます減っている。そうした状況は、経済的な崩壊の危険をはらんでいる。これについてクルプノフ議長は「日本が、世界第三位の経済と巨額の国家債務を持つ国である事を考慮に入れるなら、現状は、実に恐るべきもののように思える」と指摘し、次のように語った-

    「日本における人口動態学的問題は、実際のところ、危機的な意味合いを持っている。日本は、世界で最も人口問題が困難な状態にある5つの国のうちに入っている。日本の経済専門家らは、人口がこのままどんどん減って行けば、つまるところ、経済は落ち込んでしまうと警鐘を鳴らしている。そして日本の人口動態学的状況をさらに厳しいものにしているのが、生活コストの高さだ。最新式の携帯用の電子機器などガジェットの普及率が高いのも、驚くべき事ではない。こうしたハイテクが、日本人に、所謂バーチャル世界に逃避する可能性を、ますます多く与えている。」

    こうした状況の中、日本の若者が、家族を作り、彼らを守り扶養する事が、バーチャル世界のものではない本物の、感情を持った完全な人間的生活を自分にもたらしてくれると確信するのは、益々難しいものになっている。

    関連:
    社会調査で世界で最もセックスに満足している国が明らかに
    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • Kozi Moto
      日米経済、ボロボロ。Dooms Day近し。
      richardkoshimizu.at.webry.info/201602/article_27.html
      ロックフェラー大王のエクソン・モービルが減益?
      たっぷり粉飾しても「減益」ということです。
      大王さまの母体事業が揺らいでいます。
      日本の飼い犬の皆さん、滞っている餌代が回復するめどはありません。
      裏金の不払いが今後も続きます。
      さっさと撤収して、上野公園のテント村へどうぞ。
      2016/2/3 13:38
      ロック爺の足元、エクソンモービルでも蛍の光が流れているようで、米国株は順調に下落です。
      米国株は大幅下落、エクソンの設備投資削減と原油安が重し
      shikiho.jp/tk/news/articles/0/103383
      [ニューヨーク 2日 ロイター] - 米国株式市場は大幅下落した。エクソン・モービルが設備投資の大幅削減を発表したほか、原油が再び大きく下げて相場の重しになった。 エクソン・モービルは第4・四半期の利益が過去10年あまりで最小に落ち込み、今年は設備投資を前年から25%削減すると発表。株価は2.2%下落した。 前週末に赤字決算を発表したシェブロンも4.7%下げた。
      PUNK
      米国の昨年12月の「耐久財受注額」が-5.1%と、予想をはるかに超えて下落。景気後退が明らかになってきた。危機感から、日銀の腹黒田にマイナス金利を強要した?甘利さんは、マイナス金利に反対していたから、スキャンダルで辞任させられた?
      2016/2/3 08:43
      www.nikkei.com/article/DGXLASFK29H0E_Z20C16A1000000
      ****** 米商務省が28日に発表した2015年12月の耐久財受注額(季節調整済み、半導体を除く)は、前月の改定値から5.1%減った。2カ月連続の減少で、0.5%程度の減少を予測していた市場予測を大幅に下回った。 ******
      0.5%の予想が5.1%だったので米国側から日本側にマイナス金利の要請があったと巷での噂があります。 ひどい話です。
      あっきー
      一方、日本経済の方は?
      ついに創価毎日新聞ですら、アベノミクスの失敗を示唆。今年の景気について「悪くなる」と回答した人が55.6%。
      毎日さん、そんなネガティブな予想をしている購読者の50%以上が、なぜ、安倍政権を支持しているのか、わかりません。説明してください。
      2016/2/3 16:03
      【今年の景気:「悪化」55%、アベノミクス信頼度揺らぐ(毎日新聞)】
      mainichi.jp/articles/20160127/k00/00m/020/042000c
      日本生命保険が26日発表した「2016年の抱負・期待」に関する調査によると、今年の景気について「悪くなる」と回答した人が55.6%に上り、昨年の調査から31.8ポイントも悪化した。安倍晋三首相への期待も減少しており、アベノミクスへの信頼度が揺らいできたことが浮き彫りになった。
      景気が昨年より「良くなる」との回答は前年比5.9ポイント減の23.6%、「変わらない」は同25.9ポイント減の20.8%だった。「今年最も活躍を期待する有名人」の2位に首相が選ばれた。ただ、選んだのは456人で、首位だった昨年の1001人から半減。首位はフィギュアスケートの羽生結弦選手で、昨年の3位から上昇した。
      政府は景気回復に向けて賃上げの重要性を訴えてきたが、今年の給料については「変わらない」との回答が65.4%、「減る」が20.6%。「増える」は14%にとどまった。賃上げの期待感の乏しさが、景気悪化懸念を増幅させているようだ。
      物価については、74.6%が「上がる」と回答。昨年についても66.8%が「上がったと感じる」と答えた。ニッセイ基礎研究所の矢嶋康次チーフエコノミストは「国民は円安などで輸入物価が上がり、生鮮食品などの値上がりのイメージを強く受けているようだ」と話す。
      調査は昨年12月、同社の契約者を対象にインターネットで実施。1万2927人が回答した。【土屋渓】
      special thanks
      森永さんも景気上昇などしていないと指摘。
      2016/2/2 11:26
      昨日、車でラジオ聞いておりましたが、経済アナリストの森永卓郎氏が 意図的に株価を吊り上げて、ごくごく一部の大企業の賃金が上がっただけで 景気が上向いているというのはどう考えてもおかしい、大手メディアも日本がおかしくなっているのを一切報道しない、サラリーマンはボーナスカット、給料ダウン、サービス残業、サラリーマンを元気にしないとこの国は復活しないと言及されていました。 森永卓郎氏は日本の現状を ちゃんと把握されています。生放送のテレビでガツンと拡散してくれ森永さん。
      週刊現代は、日銀内部資料を掲載。「超円高、外資の投げ売りによる日本株の暴落、デフォルトの確率の上昇」を報道。いいじゃないですか。リセットしましょう。
      2016/2/2 18:44
      こちらは、本物かどうかわかりませんが日銀の内部資料を週刊現代が掲載しています。
      今後の見通しとして、超円高、外資の投げ売りによる日本株の暴落、デフォルトの確率の上昇など、順調な(?)未来予想図が描かれています。
      gendai.ismedia.jp/articles/-/47605
      激震!日銀内部資料を入手 〜株価はまだまだ下がる、最悪の事態を想定せよ 2016年02月02日(火) 週刊現代
      PUNK
      日米経済が大変な苦境にあることを、国民に知らしめようとしないメディアの皆さん。
      ジャパン・ハンドラーズからの命令なのでしょうが、いい加減にしてください。
      皆さんの信用が「ゼロ」になる日が近づいていますよ。
      Dooms Day です。
    • 昨今だが、金融緩和とか言う馬鹿の一つ覚えしか知らんのだろw

      誰も金融緩和しろなど一言も言ってないのにな
      思考能力が無いのかね

      これについて昔のロシア人はこう述べていたな
      「ゴイムは、我らの専門家たちの助言なしに物事を考えるということができなった。自分で考えるという習慣を失ってしまった」
      「かれらの人民は驚くべきほど勤勉なのに、かれらが途方もない財政的混乱に陥った原因が、そのうかつさにあったことは、諸兄はよく御承知のことと思う。」

      日本人は商業と工業しかできないから
      革新性を嫌うから、イノベーションを起こすことはほとんどなく、専ら既存技術の使いまわしか、改良のみ
      政治には向かん。」アメリカの助けがなければ当に3流国家として存在していただろう

      だが、愚かにも一度だけ私は日本を助けてしまったんだこれがw
      私が助けていなければ、円高で当に日本は破綻コースへ直行していただろうがwww

      まっ、もう助けんがな。日本人の気質はとくと理解した
      もうこれ以上のデータは不要

      常に私の注意を引こうとしていることはわかっているが、無視するかストレス解消に使わせてもらうよ。日本人およびそのエリートとその取り巻きがクズというのは本当のことだろw本当のことを言って何が悪いのか?
      説明していただきたいwクズとは死んで当然の人間ということだwつまりどういうことか、わかるかね?wwwお楽しみの時間が近いということだ

      ロシアも日本などに期待しても無駄だぞ。彼らには借金しかないから
    • blue-dragon
      ↓経済的な面もあるだろーが、物理的な人体実験もされてる。

      日本の政治家や官僚たちは日本国民にいろいろな毒を盛って人口削減してるよーで。

      おまけにほとんどの歯磨き粉が猛毒フッ素入り。何?虫歯にならないためにフッ素良いだと?

      んじゃなんでいつも歯医者が満員なんじゃ・・・w

      フッ素はナチスドイツで囚人をおとなしくさせるために使われていた毒。

      最近じゃ終に義務教育の公立学校という場で強制的に毒入りフッ素でうがいさせられとる。

      これ真実。

      安倍売国奴政権により年金全て奪われても郵貯うばわれても、アメとイスのテロ311で日本中放射能漬けにされても暴動が起きないのはフッ素の毒で神経がやられているからと自分は見てる。

      ちっとは怒れや日本人よ!※※※

      【人口削減のために国民に毒盛る日本政府】
      www.facebook.com/true.report/posts/861020130590757

      「う〜ん、改めて恐ろしいですね。避妊剤にも応用されている・・・界面活性剤(洗剤成分)

      「自分(家族)の健康は自分でしか護れない」内臓にたまる合成洗剤

      中曽根康弘
      小泉純一郎 など
      北朝鮮エージェントがいます。
      この人たちが売国奴、日本を滅ぼそうとしている男です。
      中曽根は80年代に、日本の厚生労働相に圧力をかけて、日本の洗剤、シャンプー、歯磨き粉、あらゆる製品に避妊剤や女性ホルモンを混ぜることに参加したんです。日本の人口削減のために。日本の男性をインポにするためにやりました」

      【フッ素の真実】
      www.thinker-japan.com/husso.html
    新しいコメントを読む (0)
    主要ニュース