12:37 2017年02月24日
東京+ 6°C
モスクワ+ 1°C
    狂った世界は、核戦争の準備か?

    狂った世界は、核戦争の準備か?

    © Fotolia/ Twindesigner
    オピニオン
    短縮 URL
    アンドレイ イワノフ
    13114874517

    ここ数日、世界のマスメディアが伝える主要ニュースの一つは、何と言っても先制核攻撃の話題である。 これに関し、モスクワ国際関係大学のアンドレイ・イワノフ上級研究員の見解を、以下皆さんに御紹介したい。

    金曜日には、北朝鮮の指導者金正恩第一書記が、国の全指導部に対し、祖国防衛のために、いつでも核兵器を用いる事ができるよう準備せよと指示したとのニュースが世界を駆け巡った。加えて彼は、先制攻撃の準備ができるよう国の軍事ドクトリンを見直した。恐らく、こうした措置は、又もや核実験を行い人工衛星を打ち上げた北朝鮮に対し、先日国連安保理事会が導入した厳しい制裁に対する答えだったと思われる。北朝鮮がミサイル搭載可能な小型核弾頭を所有しているとの証拠がないにもかかわらず、日本では、金正恩第一書記の好戦的な指示は、大きな不安を呼び起こしたが、これには全く根拠がない。

    こうした状況の中、例えばロシアについて言えば「NATOからの核兵器による先制攻撃の脅威にさらされている」-そう言えないだろうか?これは被害妄想などではなく、今から数年前、米国が、ノルウェー国内のロシア領から遠くないところで、核攻撃の訓練を実施している事実を公式に確認したことで明らかになった。米国の週間軍事新聞「エアフォース・タイムス(Air Force Times)」は、こうした演習に、米国の戦略爆撃機В-52が、ロシア側からの攻撃の可能性を危惧するNATO同盟国の支援のため派遣された事を、はっきり指摘した。

    またほとんど同じ時期に、米国のロバート・ヨーク国防次官は「必要があれば、米政府は、核兵器を最初に使用する用意がある」と言明した。またNATO欧州連合軍のフィリップ・ブリードラブ最高司令官は、ロシア北西部の対ミサイル防衛システムを弱体化させるプランについて語った。そうした目的のため、北欧や英国には、米国製の最新鋭ステルス戦闘機F-22「ラプター」やF-35を配備する計画だ。それ以外に米国は、古くなったノースロップB-2スピリットやВ-52に代る、長距離打撃爆撃機(Long Range Strike Bomber、略称LRS-B)プロジェクトによる戦略爆撃機B-21の製造作業を活発化させている。こうしたすべての空騒ぎの目的は、ロシアの領土を大手を振って攻撃する事にある。

    なぜそんなことをするのだろうか? ロシアには、NATO加盟国であろうと、スウェーデンやフィンランドのようなNATOの枠外に残っている国であろうと欧州のどの国も攻撃するつもりはない。しかし米国は、ここ最近、クリミアをロシア語系住民保護を口実に「併合した」ロシアは、バルト三国でも同じことをする準備をしているとの恐怖感を、欧州諸国に強く吹き込み、NATO加盟国として守られていないスウェーデンやフィンランドに対しは、すぐにNATOに加わるよう求めている。

    ロシアの脅威に関する妄想めいた声明を西側諸国の人々が信じるか否かは、定かではない。しかし、こうしたプロパガンダ・キャンペーンの組織者にとっては、そんなことは重要ではないのだろう。とはいえ、すべての人々にとって重要なのは、別の事だ。もしロシアの脅威という呪いの言葉が、軍事予算拡大のために必要なだけなら、それはたいしたことはない。災いは、軍備が増強される事で、演習で仕上げのなされた技能や新しい軍事技術を実践で使ってみたいとの誘惑が高まってゆく事にある。しかし今のところまだ、一つ安心できることがある。それは、米国やNATOで行われている対ロシア戦の近代化は、西側の敗北を示したという事だ。ロシアはこれについて分かっているが、自分達の優位性を利用するつもりはない。問題は、西側つまり欧米が、ドンバス(ウクライナ東部・南部地域)でのジェノサイド(住民の大量虐殺)を許さず、シリアでは断固としてテロリストと闘うロシアを「侵略的」で「不適当」とみなす事にある。恐らく彼らにとって「平和的でふさわしい」ロシアというのは、脆弱で、米政府やNATO当局からなるチームの言う事をよく聞くロシアなのだろう。しかしもうロシアは、そんな風にはならない。つまりこれは、ロシアとの核戦争を意味するものなのだろうか?

     

     

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      キッシンジャーがモスクワを訪れ、プーチン大統領に、3次大戦を起こそうと
      している者たちについていっている。
      ある妄想によって、それは、信念でもある。
      プーチン大統領が戦争を止めたので、あちら側は、ますます発狂している。
      今では、だれが、どの国が、どちらのサイドで、だれが、どの国がそれを
      止め様としているのか、はっきり分かる。

      ナチス仲間がはっきり分かる。

      ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12126264786.html
    • avatar
      junobejp
      ●米の好戦派はサウジやトルコを従えて露に戦争を始めると脅しているが、失敗すれば本当の核戦争…ロシア側は戦争でアメリカ/NATOは勝てないことを悟らせようとしている。アメリカの好戦派、サウジアラビア、トルコ、イスラエルは窮地に陥った。その窮地から脱出するため、全面核戦争の脅しをかけている。
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201602050001
      ●先制第一撃でロシアや中国の反撃能力をなくすことは不可能であり、戦争になれば西側が敗れる可能性が高いとする分析が出てきたのだ。通常兵器で勝てないなら、戦略核兵器を使うことになる。それをネオコンは良しとしているようだが、そう考えない人が支配層にもいる。
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201603040003
      ●グローバル・リサーチ、「アメリカは地球の爆破を追求」
      アメリカ国防総省の機密資料から、アメリカが依然として核戦争を追求していることが明らかになっています。ニュースサイト・グローバルリサーチによりますと、アメリカ国防総省の機密資料から、アメリカのオバマ政権が最近、新世代型の核兵器や爆撃機、潜水艦、大陸間弾道ミサイルの開発のため、30年間にわたる1兆ドル相当の計画を提案したことが分かっています。この報告ではまた、アメリカ上院も広島に投下された核爆弾の6倍の威力を持つ戦略的核兵器を使用する許可を発しており、この場合にはアメリカ軍司令官の承認は必要ないとされています。さらに、「アメリカの核爆弾による攻撃の対象にはロシア、中国、中東地域、北朝鮮の都市がリストアップされている」ということです。グローバルリサーチはまた、「アメリカがこれらの核兵器を使用すれば、地球は滅亡するだろう」としています。
      japanese.irib.ir/news/latest-news/item/61426
      ●米国、ソ連の一般市民に対し原爆を使用する用意あり
      jp.sputniknews.com/world/20151223/1361962.html
      ●米国、ソ連との戦争の際の原爆投下標的リストを公開
      jp.sputniknews.com/us/20151224/1366097.html
      ●1949年のJCS(統合参謀本部)研究報告では、ソ連の70都市へ133発の原爆を落とす計画だった。1954年になると、SAC(戦略空軍総司令部)は600から750発の核爆弾をソ連に投下、118都市に住む住民の80%、つまり約6000万人を殺すという計画を作成した。この年の終わりにはヨーロッパへ核兵器を配備している。ソ連に対する先制核攻撃の準備が始まったのは1957年。この年の初頭には「ドロップショット作戦」が作成された。300発の核爆弾をソ連の100都市で使うというもので、工業生産能力の85%を破壊する予定になっていた。
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201512270000
      ●ケネディ暗殺の前年の1962年10月、ソ連がキューバへ中距離ミサイルを持ち込んでアメリカとの間で軍事的な緊張が高まっている。カーティス・ルメイなどの好戦派はすぐに空爆してミサイルを破壊すべきだと主張したが、ケネディ大統領に拒否されている。この当時、好戦派は偽旗作戦を使ってキューバへ軍事侵攻しようとしていた。
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201503300000
      ●キューバ危機の際、沖縄の米軍ミサイル部隊にソ連と中国に核攻撃命令、現場指揮官の判断で発射回避!
      blog.goo.ne.jp/kimito39/e/1786c8cd041cce21345c2cf5ea96f741
      ★ロシアが第三次大戦を阻止するとエドガー・ケイシーが80年前に予知していた
      ameblo.jp/wake-up-japan/entry-12093852245.html
      ★歴史的かつ本能的に、ロシアは人類の生存のために戦ってきた。この巨大な国は、既に何度か我が地球の存続を脅かしている最も強力な悪の勢力に対して立ち上がったのだ。しかも大半の場合、ロシアに選択肢はないのだ。ロシアは、勝利か、人類の滅亡かのいずれかに直面していたのだ。そして、世界と自身の存在が脅かされた際、ロシアは常に立ち上がった。 ロシアがなければ、少なくとも我々が知っている姿の地球はなかっただろう。
      eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-e21b.html
    • avatar
      blue-dragon
      「ブルービーム計画」の一環で、地球外生命体が来たことにして核を使わせる計画もあるようだ。
      そしてやはり、UFO映像を登場させる際に電源停止させ、原発の冷却水が止まり、世界中でメルトダウンさせる気なのだろうか。
      タダのイベント観戦では済まないかもしれない?

      米国の2京円借金踏み倒しのために世界中の人たちが殺されるなんて冗談ぢゃない。
      キチガイに刃物どころかまさにキチガイに核だ。

      しかし、ここで肝に銘じるべき事は、私たちは己の「恐怖心」と「猜疑心」こそ敵だと認識すべきである。

      理性を失うこと・・・パニックこそ、人々を最大限にコントロールしやすい状態であり、ヤツラの思う壷であるからだ。

      sekainoura.net/buru-bimu.html
      「連中は、電磁波で人間の脳内に声を発信する装置も開発済みです。

      これは救世主(イエスキリスト)が自分に何かを指示していると思わせるためです。

      宇宙人による地球侵略を演出し、世界を騙し、
      それぞれの国が持つ核兵器を使わせる計画もあるようです。

      これは、地球侵略を止めさせるためには核兵器は必要なものだと大衆に思わせる戦略で、
      核兵器を使わせ、できるだけ多くの人々が命を落とすように仕向けるのです。

      そうすることで軍事力を衰退させ、大衆が疲弊したところで、
      偽物の救世主(ホログラム)を登場させるのです。」

      ↓都市をブラックアウトにして3DMapingで上空に映し出す
      higasinoko-tan2.up.n.seesaa.net/higasinoko-tan2/image/skyline-blue-beam.jpg?d=a2
    • avatar
      hidea7889
      北朝鮮にしろ、ロシアにしろ、中国にしろ、核を使用する最も大きな要因はアメリカにある。
      アメリカのように先に核や武器を使用することは駄目だし、許されないが、アメリカに攻撃されたなら、アメリカ本土を攻撃しないと意味がなく、アメリカ本土に攻撃するべきだろう。毎度の自作自演、民主化やテロ撲滅などの嘘のプロパガンダ情報を流し、正義を装っては常に他国を侵略し、破壊、殺戮、強奪を繰り返しているアメリカの悪事を世界中に大々的にばらし、これ以上アメリカの暴挙、世界の平和を乱す行為を許すべきではないだろう。
    • Kozi Moto
      ホロコーストで600万虐殺されても人口が減らない驚異の摩訶不思議民族
      richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_43.html
      userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/014/141798336599012773178_fushigi.jpg
      ホロコーストで600万虐殺されても人口が減らない驚異の摩訶不思議民族
      www.asyura2.com/07/holocaust4/msg/182.html
      投稿者 ブッシュ親子の自作自演テロの11 日時 2007 年 3 月 05 日 18:39:56: XUSllUZ/d1uKA
      投稿者 ブッシュ親子の自作自演テロの11=RKです。
      ◆15歳の少女が、ユダヤ人のホロコーストについての真実を発見した報告書を発表
      richardkoshimizu.at.webry.info/201404/article_152.html
      アドルフ・ロスチャイルド・ヒトラーが晩年過ごしたアルゼンチンのサイトで面白い記事多数発見! 15歳の少女がユダヤ人虐殺600万人について「戦前戦後でほとんど変わっていない」 「ヒトラーはロスチャイルド」と語っています。 もしかして、RKブログ見てる?なんていう印象です。
    • avatar
      ohasirasama
      北朝鮮に核弾頭あるだろう。
      何せイスラエルが福島原発に小型核爆弾を使用してテロを引き起こした。その関係上、アメリカが北朝鮮に小型核爆弾を手渡せしていてもおかしくない。
    • avatar
      blue-dragon
      >恐らく彼らにとって「平和的でふさわしい」ロシアというのは、脆弱で、米政府やNATO当局からなるチームの言う事をよく聞くロシアなのだろう。

      そうそう、そうです。w だから、悪い仲間とつるむことは良くないことです。現在の日本政府のように・・・。今やネットをやる日本国民のかなり多くが、この現実を認識しています。

      「キチガイに核」の世の中だから、常に警戒は必要でしょうが、
      でも怯えることはないでしょう。ロシアにはプーチン大統領がいられるのだし、S400というハイパー地対空ミサイルをお持ちでらっしゃるじゃないですか。

      音速で飛ぶサッカーボールサイズの物体でも追っかけて行って正確に破壊できるほどの高性能な威力、どこから何が飛んできてもロシア国内を守り切れる・・・それはロシアを完全に守るシールド、バリアなのですから。

      ロシアの立場としては、世界大戦を起こしたくてしかたが無い連中の挑発に乗らないようにしていただくことだけです。

      日本の脅威と言えば北ということになっていますが、北はアメ公の子分で、日本の自民党政治家どもとも持ちつ持たれつの仲良しです。日米安保を維持させるのには脅威が必要なわけで、日本の世論をコントロールするためにああやって北は悪役を演じているわけです。それを知っている日本人も、ネット上では多いですよ。なんたって悪の本丸スイスご留学ですから。w

      今の、脅威としては、あのリビアをやったヒラリが不正選挙で大統領になってしまったら・・・ということですか・・・。プーチン殿は基本的に女性に優しいので、それでロスチャやロックフェは意図的に女性の大統領を差し向けようとしているのかもしれない。これ、個人的意見だけど。

      安倍もヒラリと似たような路線で、自分の後釜を「戦争を最高の宗教的行事」と安倍と同じく戦争に異常な執着を言い放つ稲田に見据えているようで。
    • Kozi Moto
      FBI文書によると、アドルフ・ヒトラーがドイツからアルゼンチン・チャラタという田舎町に....
      richardkoshimizu.at.webry.info/201603/article_27.html
      userdisk.webry.biglobe.ne.jp/008/181/20/N000/000/003/130290218332116214060_hitler-altersheim.jpg
      ヒットラーが、戦後まもなくして、Uボートで上陸したのは、アルゼンチンのマル・デル・プラタ港。その後は、チリとの国境に近い山間部を転々とした。この話、最近、良く取り上げられるようになりました。
      なぜ、ヒットラーは捕まらなかったのか?イスラエル建国を可能にしたユダヤの偉人だからです。
      2014年に機密解除となったFBI文書によると、米国政府は、アドルフ・ヒトラーがドイツからアルゼンチン・チャラタという田舎町に逃亡して、その後もアルゼンチン国内を転々としながら暮らしていたという、驚くべき内容のようです。ヒストリーチャンネルで、早くも放送しています。
      www.nikaidou.com/archives/75172
      二階堂.COMより
      2016/03/06 20:51
      ↓このFBI文書のことでしょうか?
      FBI文書:『戦後、ヒットラーは潜水艦でアルゼンチンに逃げて隠れていた。』
      richardkoshimizu.at.webry.info/201104/article_115.html
      その他のRK過去記事↓
      「ヒトラーがアルゼンチンに逃げたという本を最近出した、クーパーさん ...
      richardkoshimizu.at.webry.info/201402/article_101.html
      「「ヒトラーがアルゼンチンに逃げたという本を最近出した、クーパーさん ...
      richardkoshimizu.at.webry.info/201402/img1_101.139311487190103411226.html
      ヒットラー・ナチ高官のその後:なんだか、わくわくしますね ...
      richardkoshimizu.at.webry.info/201101/article_32.html
      ヒットラーの身代わりに「自殺」させられた影武者、ウェラーさんの御遺体 ...
      richardkoshimizu.at.webry.info/201101/article_37.html
      ヒットラーはユダヤ人 ナチスはユダヤ機関 richardkoshimizu's blog ...
      richardkoshimizu.at.webry.info/201401/article_106.html
      ヒトラー:愛人エバ・ブラウンはユダヤ系か richardkoshimizu's blog ...
      richardkoshimizu.at.webry.info/201404/article_63.html
    • Kozi Moto
      英でEU離脱論争が過熱 MI6元長官「移民管理で安全に」 CIA元長官は「テロ脅威増大する」と反論
      richardkoshimizu.at.webry.info/201603/article_188.html
      「英国がEUから離脱する」と、EU所属の劣等生国家(ギリシャ、イタリア、スペインなど)のデフォルトが確定し、米国1%が多大な不良債権を抱えてしまう。
      よって、CIA長官はロックフェラーの利益を守るため「離脱はテロ脅威を増大させる」と脅して、EU離脱を阻止するべく涙目で訴えたそうです。
      一方で英国の謀略機関、MI6の元長官は、EU離脱を是認。ユダヤ・キャメロン首相、困りましたね。絶滅危惧種、シオニストユダヤと全英国民との戦いです。EU離脱で困るのは、英国民ではない。金融ユダヤ人だけですから。
      CIAは米国民の税金で運営される、ロックフェラー家の私兵集団です。業務は、ロックフェラー家の財産の拡大と庇護です。
      2016/3/28 22:07
      英でEU離脱論争が過熱 MI6元長官「移民管理で安全に」 CIA元長官は「テロ脅威増大する」と反論
      www.sankei.com/smp/world/news/160328/wor1603280033-s.html
      【ロンドン=岡部伸】ベルギー同時テロの発生を受け、6月に欧州連合(EU)離脱の可否を問う国民投票が行われる英国で議論が熱を帯びている。「離脱すれば厳格な移民管理が可能になる」と攻勢をかける離脱派に対し、米国の元政府高官からは「離脱はテロ脅威を増大させる」との警告も発せられた。EU残留を目指すキャメロン首相は、テロ・治安対策でも国民の説得を迫られそうだ。
      とくお
    新しいコメントを読む (0)