11:25 2017年03月28日
東京+ 9°C
モスクワ+ 0°C
    日本人千人、ロシア極東に移住を希望

    日本人千人、ロシア極東に移住を希望

    © Sputnik/ Konstantin Chalabov
    オピニオン
    短縮 URL
    徳山 あすか
    17201991088

    スプートニクはツイッター上で「もし無償で土地を供与された場合、あなたならロシア極東へ移住したいと思いますか?」というアンケートを行った。その結果、およそ千人、全体の24パーセントの回答者が「移住したい」と答えた。「ロシアならば、移住したいですね」という人や、中には、アンケート締め切りまでに答えそびれたが、わざわざ「喜んで移住したい!」とコメントを残してくれたユーザーまでいた。

    ​今月2日、プーチン大統領は土地分与法に署名した。これにより、ロシア人であれば希望する国民は、ロシア極東において一人当たり1ヘクタールの土地が無償で受け取ることができるようになったのだ。申請受付は来月1日からだ。そこに家を建ててもいいし、農業をしてもいい。土地の使い方は自由だ。ただし5年間何もしないで放置しておくと、土地は返却しなくてはいけなくなる。

    日本人で移住を希望する人の中には「ロシア人はDIYが好き。ホーマックみたいな会社作って商売してみようか。」という人も現れた。このユーザーが極東にホームセンターを開業してくれたら、大いに他の移住者の助けになることだろう。この方の商売の成功を祈願したい。

    極東移住にロマンを感じる一方、体力に自信がないのが現代日本人の悩みだ。「寒いところは無理」「寒さに対抗する手段が必要。体力のある人向きなのでは?日本でエコノミー症候群になるほどデスクワークしてる人にはねえ。。。」という声も。快適・便利に慣れすぎてしまった日本人には、自然の中でサバイバルする力がどうも足りないようだ。

    その昔、日本人は蝦夷地(北海道)を開拓した。「ロマンチックだけれど、現実的に開拓者にはなれないから。夏が短いのは辛いし、若さが足りない。。。」という現実的な意見もあった。自然の中で暮らせば日々のストレスから解放され、若さも取り戻せると思うのだが。「Amazon とヨドバシ.comが在れば行っても良いな。」という贅沢な意見もあった。

    極東移住にはイギリス人の方が積極的だ。先日、イギリスの新聞「デイリー・エクスプレス」が英国市民2万2千人以上を対象に同様のアンケートをしたところ、78%が「イエス」と答えたのだ。「今やプーチン大統領のことが前より好きと言えるくらいだ。もし30歳若かったら、あちらに行っていただろう。」「この土地の分与には、ロマンがある。極東というはるか彼方で、自然に戻るというアイデアは、ロマンチックだ。」などという熱烈な意見が寄せられていた。

    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      matyapiro31
      基本的に、イギリスと日本では立場が違いますから。向こうは今、EUの政策による移民・難民の増加によって住民の職が奪われたり、治安が悪化したり、税金が浪費されたりしていますから。逃げ出したくなりますよ。
    • avatar
      catss4
      現実的に 年齢ですね 笑
      極東だけではなく 移住希望はありますが ・・・
    • ニンニク
      熊は大丈夫なのかな?
    • avatar
      catss4
      この際、海外に移住したほうが良いかも・・・
      ★海外で日本の売った原発が事故を起こした場合、
      その費用はすべて日本国民の税金から支払う約束になっている
      これでは、日本は終わりです。
      これほど酷い話が他にあるでしょうか!本当にメチャクチャな話ではありませんか!
      なんで、こんな勝手な事が出来るのでしょうか?日本国民に、その是非を問うべき内容です。
      それ抜きで、こんなムチャクチャな契約内容を押し進めるとは・・・
      しかも、秘密裡にやろうとしています。

      日本の主要政治家は、〇〇系だと噂されてますが、
      やはり、日本民族を根絶やしにしようと企んでいると
      噂されているのは、本当かもしれません。
      ameblo.jp/64152966/entry-11799188935.html
    • avatar
      平和へ、、
      ロシアにいきたい!
      寒いかもしれないけど、、
      ロシアの文化を知りたい
    新しいコメントを読む (0)