03:20 2017年09月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 11°C
    ポケモン・ツアー ついにロシアでも

    ポケモン・ツアー ついにロシアでも

    © AFP 2017/ Tiziana Fabi
    オピニオン
    短縮 URL
    リュドミラ サーキャン
    292556

    我々が好むと好まざるにかかわらず、ポケモンは、この夏の主なテーマになっている。様々な意味合いで、スマホゲームPokemon GOは、多くのクライアントを引き付ける手段となった。観光業も例外ではない。

    ストックホルムでは、ポケモン探しのナイトツアーが組織されているし、ロンドンでは、ポケモンを捕まえるバスツアーが準備されている。また英国のあるタクシー会社は、20ポンドでのポケモン・ゲットを提案している。スペインでもポケモンツアーは、ヒット商売になった。一連の旅行会社は、151のモンスターのうち142匹を捕まえることができる米国に注目し、急遽ポケモンツアーを計画した。

    ベラルーシ・フランス合弁の旅行会社「メルリントゥール」も、8月1日から、ポケモンツアーを組織する考えだ。ベラルーシ国内ではゲームの公式リリースは行われていないが、すでに多くのベラルーシ人は、提案を歓迎し、積極的に新しいポケモン探しに加わっている。今のところベラルーシ領内では、隣国と違って、珍しいポケモンは見つかっていない。そのため「メルリントゥール」は、ポケモンツアーへのグループ派遣開始を決めた。外国のパートナー会社は、そうしたツアーのアイデアを支持し、地元のゲーム愛好家がガイド役を務めるポケモン・ゲットのためのルートを作った。ツアー料金には、旅行中の参加者の健康を近親者が心配しないよう対象が拡大された保険の料金も含まれている。

    ツアーの立案者で「メルリントゥール」の営業部長を務めるコンスタンチン・コレダ氏は「ついに現実世界とバーチャル世界が、何百万もの普通の人達の目の前で出会ったと言ってよい。人々をああした夢の冒険の中に、より積極的に引っ張り込む方法を考え付くことができてうれしい」と述べた。

    ロシア当局はこのゲームに対し極めて慎重な態度ですが、ロシアの旅行会社も、ゲームの可能性を利用する用意のあることを明らかにしました。すでに30日にも、ロシアの『インナ』社は『ポケモン追跡ウィークエンド』ツアーという魅力的なプログラムを始めます。このツアー参加者は、モスクワを出発して、観光客に人気の『黄金の輪』にある4つの町、ペレスラヴリ-ザレスキイ、ロストフ-ヴェリーキイ、ヤロスラヴリ、コストロマを訪れます。これらの町では、ポケモンを捕まえたり、他のプレーヤーとの戦いに参加することもできます。全ルート上には、モンスターのための罠が置かれます。ロシアでは、ゲームは今のところ公式には発売されていないが、ユーザーは、自分達のガジェトにそれをインストールする方法を見つけている。ゲーム中には151匹のポケモンが登場するが、そのうち現在までゲットできたのは145匹だ。あらゆることから判断して、今のところゲームの世界には、残りはいない。なお145匹のポケモンを捕まえたのは、サンクトペテルブルグの19歳の学生ゲオルギイ・ティモフェーエフ君で、この「快挙」が明らかになったのは、つい数日前のことである

    タグ
    ポケモンGO, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント