15:49 2018年07月16日
北朝鮮

ロシア政治学者:北朝鮮のミサイル・プログラムを恐れる理由がはじめて示される

© REUTERS / Damir Sagolj
オピニオン
短縮 URL
6131

12カ国が、国連安全保障理事会に対し、朝鮮民主主義人民共和国の弾道ミサイル打ち上げについて調査するよう求めた。ロシアの政治学者アレクサンドル・カザコフ氏は、ラジオ・スプートニクに出演した際「米国は、対北朝鮮制裁強化の要求に甘んずることはない」との見解を明らかにした。

又、恒例となった北朝鮮のミサイル実験を背景に、米国防総省が、太平洋地区に10年ぶりに機動戦略爆撃機B-1Bランサーの飛行中隊を派遣する意向である事が明らかになった。

またストルィピン及びシュトルーベ記念リベラル・保守政策センターの所長で、政治学者のアレクサンドル・カザコフ氏は、ラジオ・スプートニクに出演した際「米国と日本が強く主張するのは、北朝鮮への制裁強化ばかりではないだろう」との見方を示した。

カザコフ氏の見解を、以下まとめてお伝えしたいー

「対北朝鮮制裁が強化されるだろう事は、100%明らかだ。なぜなら、ミサイルが遠距離飛行したことを考慮すれば、初めて、北朝鮮のミサイルプログラムを真に恐れる理由が生じたからである。

北朝鮮の体制が、そもそも事前に予想のできないものだという現在の状況では、日本と米国が持ち出す議題は、より厳しいものとなるのではないかと推測する。つまり制裁だけではなく、北朝鮮に武力による圧力がなされる可能性があるという事だ。しかし西側は、北朝鮮の指導者は、カダフィでもフセインでもないことを考慮することになるだろう。ここ10年から15年、米国は、まず行動し、その後で考える、ユーゴスラビアから始まって一つ一つそうだった。

もし米国が今後、力を用いたバリエーションを強く主張するなら、ロシアは恐らく国連安保理事会で拒否権を行使するだろう。ロシアと共に、多分中国も同調するに違いない。

しかし、それでは不十分だ。交渉の必要がある。もし北朝鮮当局のもとに、日本領海ばかりでなく本土まで届くようなミサイルが生ずるなら、状況は、コントロール下から出てしまう。以前は誰も、北朝鮮が、そうしたミサイルを製造できるとは信じなかった。

北朝鮮に核兵器があるかどうかについて言えば、米国の専門家らも、答を出すことはできていない。米国がイラクを攻撃した時、米国は『ダーティなもの』も含めてサダム・フセイン政権には、核爆弾はないことを知っていた。 北朝鮮について言えば、彼らは、そうした兵器を保有しているかどうか発表する責任を負っていない。もし北朝鮮が、そうしたものを持っている場合、交渉し、ピョンヤン当局を説得できるのはロシアあるいは中国当局だけだ。 ロ中は、本気でそうした交渉を行うだろうが、それらは公表されない可能性があると思う。なぜなら、北朝鮮当局にとって、この問題は大変デリケートであり、自分達は説得されたと世界に見られたくないと思っているからだ。」

関連:

メディア報道:日本、北朝鮮ミサイルの常時迎撃態勢を導入
北朝鮮 核兵器を増やす
北朝鮮 中距離弾道ミサイルを東海岸に展開
タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント