18:47 2017年09月25日
東京+ 27°C
モスクワ+ 8°C
    勢力を伸ばす日本共産党の秘密はどこに?

    勢力を伸ばす日本共産党の秘密はどこに?

    © Fotolia/ Faula
    オピニオン
    短縮 URL
    リュドミラ サーキャン
    634104214

    ロシアでは、9月18日に実施される下院選挙を前に、選挙運動が今ピークを迎えている。この選挙には、ソ連共産党の後継政党であるロシア連邦共産党も参加している。同党に対する有権者の支持率は、ここ数年安定し、18%台を維持している。欧州諸国の共産党について言えば、その支持率は、ここ最近下がっており、イタリアではすでに何度かの選挙で連続して、共産主義を党名に掲げた政党は議席を獲得できていない。フランス共産党の支持率も、毎年下がっている。スペイン共産党の影響力について言えば(統一左翼の連合体でなく)自主的な勢力として、ゼロをやっと超えているに過ぎない。これに対し日本共産党は、興味深いことに、自分達の勢力を保っているだけではなく、それを強めている。

    日本共産党の党員数は毎年増えており、現在およそ32万を数えた。そのさい党員のおよそ2割は若者で占められ、さらに45%以上が女性である。先月7月実施された参議院選挙で、日本共産党は得票率10,7%で、前回より3つ増やし14議席を獲得した。この結果は、2014年の衆議院選挙で明らかになった傾向を確認した。この選挙で日本共産党は得票率11,4%で21議席を獲得、衆議院での議席数を二倍半以上に増やした。

    歴史学博士でサンクトペテルブルグ国立大学教授を務めるルスラン・コスチューク氏は、スプートニク日本記者の取材に対し「日本共産党は、その影響力の点で、社会民主党も、また新しい政治勢力の数々もはるかに凌いでいる。グローバルな 金融経済危機の時に、生き残る能力を見せたばかりでなく、自らの政治及び選挙における力を強めることができたのは、まさに共産党だった」と指摘し、次のように続けた-

    「これは、日本共産党が、現代の日本社会において、政治の中で支配的な保守主義に代わるものをはっきり示していることと関係がある。日本の共産主義者達は、米国への日本の過剰な依存に反対し、大分前から、米軍基地の撤去を求めている。現在日本共産党の戦争反対運動の柱となっているのは『日本の軍国化』を許さないという要求だ、つまり、平和憲法の性格を変え、日本軍を復活させようとの保守主義者達の試みへの抵抗に力点が置かれている。 また日本共産党はTPPへの調印に反対し、国家を超えた企業活動の民主化、労働者の社会的権利の拡大を求めている。さらに同党は、原子力エネルギーに反対しており、彼らの実際的な活動において『エコロジー』的要素が占める割合は大変大きい。党の掲げるスローガンは『左派』の学生や若い労働組合活動家の共感を呼んでいる。党機関紙『赤旗』は、エコロジー問題や与党の職権乱用などに関する暴露記事で人気がある。」

    かつて国際共産主義運動において最も影響力を持つ2つの政党であったソ連共産党と中国共産党が対立する中で、日本共産党は、どちらの側にも組しなかった。彼らは現在に至るまで、ロシア及び中国の共産党から距離を置いている。日本の共産主義者らは、中国との関係先鋭化に反対しながらも「中国式社会主義」の本質を批判的に受け止め、尖閣諸島の問題では与党自由民主党の立場を支持している。また日本共産党は、朝鮮民主主義人民共和国の側からしばしばなされる軍事的挑発行為にも、厳しく反対している。なおクリルについて言えば、日本共産党は、もう10年以上にわたり、日本への南クリルすべての引き渡しを求めている。

    日本社会の高齢化が容赦なく続く中で、若者の多くは、政治に関心を持っていない。日本共産党は、そうした中で強い支持を得るため、かつて人気を博した「うたごえ運動」のような伝統的なものや、現代的なもの、マスコットやソーシャル・ネットワークなどを利用しながら、様々な運動をすべて利用している。

    多くの専門家は、日本共産党の成功は、有権者が既存の政党にすっかり飽きて疲れてしまったことに関係していると見ている。インタビューの最後にコスチューク教授は「保守的で階層的な日本社会において共産党は、何百万もの人々にとって、様々な領域での状況改善に向けた期待を抱かせる勢力と感じられているのだ」とまとめている。

    関連:

    「ロシア共産主義者」ら、スターリンの孫娘を非難
    我々は新たな世界秩序の形成を目の当たりにしている
    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント