07:17 2017年12月14日
東京+ 2°C
モスクワ+ 1°C
    日本は2020年東京五輪で世界にポジティブな改革をもたらす

    日本は2020年東京五輪で世界にポジティブな改革をもたらす

    © Sputnik/ Alexandr Utkin
    オピニオン
    短縮 URL
    リュドミラ サーキャン
    1410

    日本は再びスポーツの世界的中心地となる。1964年東京五輪のコンセプトは、第2次世界大戦での敗北と広島および長崎への原爆投下後の19年間で日本は復興を遂げただけでなく、科学技術の進歩という面でも先進国となったことを世界に示すことにあった。そして日本はこれを見事に成し遂げた。

    五輪に向けた準備と大会開催は、日本経済の発展を強く後押しし、日本復興の象徴となった。

    2020年東京五輪の大会ビジョンでは、「スポーツには世界と未来を変える力がある」とされ、「『すべての人が自己ベストを目指し(全員が自己ベスト)』、 『一人ひとりが互いを認め合い(多様性と調和)』、『そして未来につなげよう(未来への継承)』を3つの基本コンセプトとし、 史上最もイノベーティブで、世界にポジティブな改革をもたらす大会とする」と謳われている。

    2020年東京五輪のコンセプトについて、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のスポークスパーソンを務める小野日子(おの・ひかりこ)氏が、通信社「スプートニク」に語ってくださった-

    「私たちは、スポーツには世界と未来を変える力があると思っています。1964年の東京大会は日本を大きく変えました。私たちは2020年の東京大会を、全ての人が自己ベストを目指し、一人ひとりが互いを認め合い、そして未来につなげよう、というこの3つをコンセプトとして、史上最もイノベーティブで、世界にポジティブな改革をもたらす大会とするということをコアビジョンとしています。最初の『全員が自己ベスト』についてですが、私たちはアスリート・ファーストというのを非常に重視しており、準備と運営をしっかり行い、安全・安心で全てのアスリートが最高のパフォーマンスを発揮して自己ベストを記録できるような大会にしたいというのが一つあります。その自己ベストというのはアスリートだけではなくてオーガナイズするほうとしても、やはり日本が誇るその時の最高水準のテクノロジーを競技会場の整備や大会の運営に活用するということもありますし、また多くの方がボランティアとして働いてくださることになると思うので、そういったボランティア、あるいは一般の日本人の方が東京大会に訪れる多くの方々をまさに最高のベストなおもてなしで歓迎したいというイメージをこの1つ目の『全員が自己ベスト』というコンセプトの中に含めています。2番目の『一人ひとりが互いに認め合う』というものは、『多様性と調和』と呼んでいますが、英語では『 Unity in Diversity』といいます。これはまさに今世界で非常に重要なことだと思います。人種や性別、言語や宗教、障害の有無といったようないろいろな違いをお互い認め合いながら受け入れて、そういった中で進歩していきたいというイメージのコンセプトで、私たちはこの東京2020大会を世界の方々が多様性と調和の重要性を改めて認識し、共生社会を育む一つのきっかけになるような大会にしたいなと思っています。3番目の『未来へつなげていく』というのは、未来への継承、英語でいうとConnecting to Tomorrowということですが、これは(東京五輪が開催された)1964年というのはその後の日本の発展にとっても非常に重要な意味がありましたし、いろんなレガシーがありました。それを機に日本のインフラが一層整い、高度経済成長がさらに加速したといういろんなきっかけを与えてくれた大会でしたが、2020大会のほうは、日本はもう成熟した国家でありますので、そのハードなレガシーだけでなくてソフトなレガシーといったようなことも含めて世界にポジティブな変革をもたらしていきたい、なるべく未来に継承していけるようないろいろなレガシーを追及していきたいという点を含んでいます。」

    五輪を観戦するために世界中から大勢の人々が訪れる。日本政府は観光を経済セクターの一つとしてみなし、五輪が開催される2020年に日本に訪れる外国人観光客の数を2000万人にするという目標を掲げた。現在の訪日外国人の増加テンポと、これを促進するためにあらゆる活動が駆使されていることを考慮した場合、日本はきっとこの目標を達成できるだろう。小野氏は、さらに次のように語っている-

    「私たちはこの東京2020大会を史上最もイノベーティブな大会としてポジティブな変革をもたらしたいと思っています。それはテクノロジーの面ではたとえば水素技術を活用した環境にやさしい水素自動車を入れて活用したり、多言語翻訳というMultilingual Translation Deviceというような技術開発や、あるいは今皆さんがもっているスマートフォンやICT技術を利用してスポーツに関連した情報データを発信するなど、そういったことを技術面ではやりたいと思っています。そして同時に日本が大切にしている、伝統的に私たちにはいらっしゃる方をおもてなすという、おもてなしの精神がございますので、それがいろんなところにあらわれるような形にしたいと思っています。」

    小野氏は、「スプートニク」のインタビューで、日本人はオリンピックが好きだと述べていた。それが自国開催となれば東京五輪への関心は保障されたも同然だ。さらに東京オリンピックでは日本で最も人気のあるスポーツの一つ、野球が競技種目に加わる。なお2020年東京大会組織委員会は、オリンピックとパラリンピックの開催だけではなく、スポーツに日本の住民をひきつけることも課題に掲げている。

    東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のスポークスパーソン、小野日子(おの・ひかりこ)氏へのインタビューは、「ポッドキャスト」でお聞きいただけます。

    関連:

    不思議なシャワー、ディカプリオinリオ:五輪2016のここが見所(写真、動画)
    日本は東京五輪で世界にポジティブな改革をもたらす―小野オリ・パラ報道担当
    タグ
    五輪, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント