17:43 2017年09月21日
東京+ 28°C
モスクワ+ 11°C
    MH17に関する国際的な調査:無視された事実は考慮されているものよりもはるかに多い

    MH17に関する国際的な調査:無視された事実は考慮されているものよりもはるかに多い

    © Sputnik/ Maxim Blinov
    オピニオン
    短縮 URL
    タチヤナ フロニ
    ドネツクで起こったマレーシア航空MH17便の墜落事故 (70)
    1929160

    ドネツク近郊でマレーシア航空ボーイング777型機が墜落した件の調査の最初の結果が発表された。国際委員会によると、旅客機は蜂起勢力が支配していたエリアにロシアから運び込まれた地対空ミサイルシステムから撃墜されたという。しかしこれらデータは当の地対空ミサイル「ブーク」の製造元であるロシアの軍事コンツェルン「アルマズ・アンテイ」が行ったおびただしい実験の結果によって裏付けられてはいない。

    同社は124もの本格的なテストを行った。一方のオランダ側は主にコンピューターシミュレーションデータに大きく依拠した。発射装置の露国境から発射地に至る推定経路はインターネット上のビデオや写真にもとづき同定された。このようなアプローチは奇妙であり、調査には疑いがある、と専門家ら。

    オランダの委員会は1996年に供給された地対空ミサイルシステム「ブーク」の一定の技術的特徴を明確にするために「アルマズ・アンテイ」ではなくフィンランドに照会を行った。しかし、専門家によると、国外に供給されたブークは性能が若干異なるという。

    またオランダの研究者らはミサイルの弾頭部の実際の技術的データを考慮に入れていない。ロシアはあえてそのパラメータの機密解除を行っているにもかかわらず。逆に調査チームは、ミサイルの最も重要な特徴においてロシア産品の技術文書とは一致しない米国の教本からの情報に依拠している。

    「アルマズ・アンテイ」の主任設計士ミハイル・マルィシェフスキイ氏が語った。

    「おそらく何らかの点で「アルマズ・アンテイ」の案は国際委員会にとって適切ではなく、ゆえにオランダのエレナー研究所は米国の教本からデータをとった。そして後部爆破型円筒弾頭が基礎に用いられた。しかしブークミサイルの全タイプにおいては腎臓形の弾頭が使用されている。そして、雷管は正面から拡がっている。これが自動的に性能を変える」

    大きな疑問を呼ぶもう一つの重要な要因は、爆発点から飛行機までの距離。「アルマズ・アンテイ」によれば、オランダの専門家らは最終報告書の中では、それは調査の中で検討された数字と異なっている。しかも差し替えは最後になって行われた。まるでデータが特に事前に知られていた答えに特に替えられたようだ。

    「変化など全くあり得ないような特性が変わった。左側では技術的な報告書案からの抜き書きが示され、そこでは白地に黒で、ボーイングの残骸には300もの損傷が発見された、と書かれた。未回収のそれを含めればそれは600にもなろう。損傷の最大密度は1平方米あたり80の穴に相当する。これは4メートルの距離で爆破した場合のブークの技術特性と正確に合致する。4メートルというのは真実であるとは思われないことが明らかになったとき、それは2メートル移動した。そして、この報告書では、既に穴は350未回収断片を考慮に入れれば800と書かれている。密度は250穴に増加した」とミハイル・マルィシェフスキイ氏。

    一方、これらのパラメータは全て、ミサイル発射地の決定に重要だ。そして、この点にもうひとつ重大な相違がある。国際委員会は、ミサイルは蜂起軍の支配下にある、事件のポイントに対して東側から発射されたと主張している。地対空部隊の駐屯地と考えられる居住区はスネージノエとペルヴォマイスコエであると名指しもされている。一方今週ロストフ州無線測位複合体が公開したデータでは、そのような説は完全に排除される。そしてロシアの軍事コンツェルン「アルマズ・アンテイ」の実験データは、ウクライナ軍の管理下にあった反対側から発射された、と指示している。

    「数多くの実験やシミュレーションの後、我々は完全に自説を確認した。すなわち、ロケットの到来とその接触の条件は、水平面内で72度の角度に相当する。これにより我々は南ザロシチェンスコエ地区からミサイルが発射されたというのが最も考えられる説であると確信した」とミハイル・マルィシェフスキイ氏。

    このように、調査者がなぜか無視した事実は、考慮したものよりもずっと多い。現場を西および南側からカバーしていたウクライナのレーダーからのデータも多くを明らかにすることができただろうが、この情報はまだ公開されていない。一方ロシアの送ったデータは不審なほどの遅さでを処理されている。モスクワの調査資料は必ずしも正式な調査の方針に収まらないかのだとも言われる。もっとも、ロシアは、ロシア・ウクライナ国境地帯の自国レーダーのすべての生データを提供してきた。それらについて詳細に、ロシア軍およびレーダー複合体の製造元であるリアノゾヴォ電気機械工場から説明もした。次のような結論だ。マレーシアのボーイング機のフライトの最後の数分間、蜂起勢力の支配下にあった領域、つまり東側から、何らの物体も接近しなかった。しかし、この情報は公開されていない。米軍から提供されたデータについては、調査者らは、これは非公開の情報である、とした。

    これらの事実を考えると報告書は少なくとも説得力がないように見える。

    国際調査チームはマレーシアのボーイング機を撃墜したミサイルの正確な型の特定に困窮している。コンツェルン「アルマズ・アンテイ」によれば、それはモデル9M38であることを確認した。ロシア軍にそのようなミサイルはない。2005年時点でウクライナはこのタイプのミサイルを約500有していた。しかし5カ国の研究者らは飛行機がウクライナの地対空兵器によって撃墜された理論的可能性さえ検討しなかった。ブークの製造元であるコンツェルン「アルマズ・アンテイ」が行い、その結果をほぼ一年前に報告したフルスケールの実験は言及もされなかった。もしかしたらロシアの専門家らがおそらくボーイングはウクライナのミサイルに撃墜されたと証明したからかもしれない。それをミサイル発射点も機体の損傷の性格もしめしている。

    なお記事の中で述べられている見解は、必ずしも編集部の立場とは一致していません。

    トピック
    ドネツクで起こったマレーシア航空MH17便の墜落事故 (70)

    関連:

    MH17便の国際合同調査班が撃墜についての自らの説の技術的根拠の欠落を示す
    ロシア外務省「オランダによるマレー機墜落事故調査は偏見と政治的動機に基づいたもの」
    タグ
    ウクライナ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント