18:12 2019年09月22日
シリアでのロシアの作戦

シリアでのロシアの作戦1周年:地域でのロシアの存在は近い将来地中海全体のパワーバランスを変える

© Sputnik / Ramil Sitdikov
オピニオン
短縮 URL
シリアへのロシア作戦参加から1年、テロ闘争は今なお続く (74)
2351
でフォローする

ちょうど1年前の2015年9月30日、ロシア航空宇宙軍がシリアにあるダーイシュ(イスラム国、IS)戦闘員の拠点への攻撃を開始した。トルコの野党、共和人民党(CHP)のエルドアン・トプラク議員がスプートニクのインタビューで、ロシア航空宇宙軍の活動はダーイシュとの戦いで極めて重要な役割を果たしており、将来において地域のパワーバランスを変える可能性があるとし、次のように語った。

「1年前に始まったロシア軍のシリアでの作戦は国際的、そして地域的な政治の舞台での力の均衡を変えた。それまでは地域のメインプレーヤーは米国、そして時にトルコだった。ロシアの登場は、中央シリア政権の立場を堅個にした。」

「さらに、ロシア航空宇宙軍の活動はダーイシュや地域のほかのテログループの進撃を大幅に防ぎ、ある場合には進撃を不可能にした。」

「地域でのロシアの存在は近い将来に地中海全体のパワーバランスを変える。ロシアはテロリズムに対して活発的で、さらに何より重要なことに効果的な戦いを行うことで、地域でのその軍事的存在感を増し、立場を強化している。」

トピック
シリアへのロシア作戦参加から1年、テロ闘争は今なお続く (74)

関連:

USAトゥデイ:シリアでのロシアの作戦に関するオバマ氏の予測は実現しなかった
「クルドのシンドラー」、ダーイシュ(IS)の奴隷救出について語る
タグ
シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント