01:37 2019年12月07日
ゴミ捨ての仕方:ロシアと日本の違いはいかに?ゴミ捨ての仕方:ロシアと日本の違いはいかに?ゴミ捨ての仕方:ロシアと日本の違いはいかに?

ゴミ捨ての仕方:ロシアと日本の違いはいかに?

© Sputnik / Sergey Ermokhin © 写真 : Connie © 写真 : Danny Choo
1 / 3
ルポルタージュ
短縮 URL
筆者 :
5271
でフォローする

ピカピカにまで磨き上げられた日本の道路を歩くとき、つい50年前には、足元にゴミの山があっても誰も当惑しなかったなどとは信じられない。生産もまた消費も共に、急激で絶えざる成長をとげた、あの高度経済成長の思いがけない結果が「ポイ捨て」だった。この現象は、特に大都市で顕著だった。

そして1990年代までに状況は嘆かわしいものとなり、日本でもゴミ処理を規定する特別の法律ができた。一方ロシアでは、そうしたことは生じなかった。それゆえ、日本人にとって全く日常のことであるゴミの処理、ゴミ捨ては、日本に住むロシア人を驚愕させる現実の一つである。

このテキスト執筆者である私自身、かなり長い間、日本に滞在した経験がある。日本での仮の住まいでいろいろな準備をした時、私がまずしなければならなかったことは、台所の棚にゴミ出しのスケジュール表をピンでとめることだった。そこにはどのように分別し準備すべきか、その方法が詳細に書かれていた。ロシアにはそうしたものは何もない。私の意識において、ヨーグルトの容器を、その蓋と本体の部分に分けて捨てなければならないと理解するのは容易ではなかった。容器本体はプラスチックであり、蓋の部分は紙なので、それぞれ別の日に捨てなければならないのだ。そしてメモ帳あるいは雑誌から、あらゆる鉄製の部分(ホチキスの歯)を抜かなくてはならなかった事は、もっと大変だった。ロシアにおいてゴミというのは、捨てられる汚れた不要物すべてを意味する。

とはいえ私は日本における不可欠な決まりを受け入れ、その後ゴミ分別の作業に大きな熱意を発揮するようになったのだが、ロシア人の中には、私よりはるかにユニークな人もいる。モスクワ大学の卒業生で日本で研修を受けたアーシャさんは、自分の体験を次のように話してくれた-

「私は、東京のマンションに住んでいました。ゴミを捨てることができたのは、朝7時だけでした。各区画では、それぞれのやり方がありました。私達の向かいのマンションには、あらゆるタイプのゴミが捨てられるコンテナがあり、そこにはいつでもゴミを捨てられました。私は、朝7時に起きるのが大変だったので、深夜過ぎにそっと向かいのマンションに行って、ゴミを捨てていました。しかし、私が住むマンションのあるおばあさんが、そんな私に気付いたのです。もう夜中も大分過ぎていたのですが、彼女は、丸一時間も私を連れて、その区画ではどこにゴミを捨てるべきかを説明してくれました。きっと私が外国人なので、分からなかったと思ったのでしょう。」

ロシアでのゴミ捨ては、全く別だ。ほとんどのアパートの一室(キッチンなど)、あるいは各階にダスト・シュートがあり、昼でも夜でも好きな時間にどんなゴミでもプラスチック袋に入れて捨てることができる。またアパートの中庭には、粗大ゴミ用のコンテナが置かれている。そこにも、好きな時に何でも捨てることができる。時にはコンテナから、例えば、古い椅子の脚の一部が突き出ていたり、コンテナの隣に壊れた冷蔵庫が置かれていたりすることもある。そして朝になると公共サービスのゴミ運搬車がやって来て、処理工場やゴミ捨て場に全部持ち去ってくれる。

それでは、ロシアで暮らす日本人にとって、この国のゴミ捨て状況はどう映るのだろうか? スプートニク日本で翻訳者として働く和田さんに、話を聞いてみた。彼は、次のように述べている-

「私が、放送局員が住むアパート に入居した翌々日、隣の安本さんのとこに遊びに行きました。そのとき先輩である安本さんはモスクワ生活の心得みたいなことを色々語って聞かせてくれました。私が『そういえばゴミはどうしたら?』と聞くと、彼は『よし案内する』と言って、空き瓶その他を袋に詰め、アパートのゴミ捨て場に連れて行ってくれました。そこにあったは全住民分のゴミを集める大容積コンテナでした。袋をそれにぽんと投げ込んだ安本氏は『これでおしまい。365日24時間、いつでも出していい。分別は一切無い』と言いました。ああ、ラクでいいなと思いました。あれ以来モスクワもだいぶ変わりましたが、この驚くべき非環境コンシャスな慣行はいまもって改められていません。」

ロシアの街頭には、日本同様ゴミ箱が置かれている。最近、あまり大きくないプラスチック製のものも現れ始めた。紙くずやガラス及びビン類など用である。しかし一般によく見かけるのは、あらゆるゴミを捨てるプリミティブな鉄製の頑丈なゴミ箱だ。それらは、日本よりもはるかにたくさん、ロシアの街に置かれている。

ゴミ捨てに対する、こうしたロシアと日本の違いは、私の見るところまず第一に、二つの国の大きさの違いと関係があるように思える。グリンピース・ロシアの資料によれば、この国のゴミ捨て場は、毎年、モスクワとペテルブルクを一緒にした面積と同じ大きさ、拡大している。しかしそうは言っても、ゴミ捨て場は、住民居住地区から離れており、近隣住民からクレームがつくようなことはない。もし、そうしたことをしなくてもよかったなら、ただ単に「より良くなるまで」あらゆるゴミをいつでもどこかに捨てることができたなら、果たして日本でゴミ処理があれほど発達を始めたのかどうか、この問いに答えるのは難しい。

様々なデータによれば、現時点でロシアで出されるゴミ全体のうち、処理されているものは約4分の1にしか過ぎない。こうした状況は、今のところ、生活条件の悪化をもたらしていないものの、やはり環境に対し深刻な脅威となっており、多くの資源を無駄遣いし、リサイクル使用の可能性を失わせている。ロシア政府は、こうした状況を断固変えたいと考えている。それゆえゴミの処理は、現在、日本と真剣に協力を進めつつある主要な領域の一つになった。この分野における日本の経験と技術は、モスクワ及びモスクワ州、さらには沿海地方、タタールスタン及びブリャーチヤ両共和国、ウリヤノフスク州などでのゴミ処理工場建設において、利用される計画である。

先に、大西洋の世界海洋の水は細かいプラスチックゴミで汚染されており、魚をはじめとする海洋生物を危険にさらしている、と報じられた

関連:

福島県警 汚染水漏れで東京電力社長らを書類送検
福島第1 汚染された水が海へ流出
タグ
不思議の国日本, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント