20:53 2017年03月28日
東京+ 9°C
モスクワ+ 1°C
    アントニウ・グテーレス氏

    一極世界は終わる。国連新事務総長からは決然たる行動が期待される

    © AFP 2017/ Kena Betancur
    オピニオン
    短縮 URL
    タチヤナ フロニ
    21133320

    ポルトガル元首相のアントニオ・グテレス氏が国連新事務総長に任命された。2017年元日より2021年末日まで5年間が任期。

    同氏は最大の優先事項として紛争の解決を挙げた。しかしこれまで中東(イエメン、シリア)における国連のあらゆる仲介行動はむしろ混迷を深めた。西側は法の枠内に自らを納めることを望まずロシアは米国と妥協を見つけられない。新総長の個性いかんによらず誰の目にも間もなく国連改革が行われることは明らかだ。自信の根拠はどこにあるのか、また、新総長はロシアにとって都合がいいのか?「エクスペルト」誌政治評論家でロシア政府立財政大学政治部長のゲヴォルグ・ミルザヤン氏は次のように述べた。

    「ロシアには完全に好都合だ。この人物は本当に組織を運営できるという希望がある。ロシアは行動する機関としての国連に重きを置いている。今国連には設立当初に付与された機能の一部なりとも取得する得難い機会となっている。グローバルな運営メカニズムの不可分の一部となることなどがそれだ。よって国連には今たしかにアントニオ・グテレス氏のような経験ある経営者が必要だ。改革し、目的を遂行するような人物が。この観点からは現時点ではやはり西欧の首相経験者が望ましい。もちろんそれが全部ではない。プロセスの唱道者でこそないかもしれないが、それが始まりさえすれば少なくともしかるべき方向に進めていくという希望はある。国連の役割強化に米国が同意すればの話だが。本当は、そうすべきなのだ。米国は多くの問題を明らかに処理できていない。そのためにはまず米国がその事実を認める必要がある」

    ゲヴォルグ・ミルザヤン氏によると、双極対立の終焉以降国連の役割は変わった。国連はより外交的になった。事務総長の主な仕事は大国間の中間的立場をとり国連を交渉の舞台にとどめることだった。しかしこの慣性を破ることがアントニオ・グテレス氏に期待されている。

    「今の状態の国連は誰にも都合が悪い。もっとも、それと共存する準備はできているが。しかし地政学的課題解決にはいい加減、国連指導部が危機解決に本式に取り組む政治意志を発揮するべきなのだ。戦後の国連合意では国連の枠内で和平活動の本部が作られるはずだった。そして、その和平活動を実施するための国連軍が。しかし第二次世界大戦後、双極対立が始まり、その中で国連軍はもう不要になった。今、それを結成することが理想的だ。しかし、問題は無数にある。米国その他の国々の同意、つまり、どのような根拠のもとに軍が結成されるのか、そして、どこに集まればよいのか。そして、軍の兵士が死んだとき、誰が最終責任をとるのか。どのような基金が資金をまかなうのか。誰が武器を供給するのか。これはとても難しいことだ」

    長年国連は総会において全国家の前に調停者として発言を行う機会のみによって評価されていた。しかしイラク侵攻の際に米国が誇示するかのように国連安保理を無視してからはそのイメージもだいぶ傷ついた。そして米国自身もようやく単独で世界を経営できないということを理解しはじめた。米国の希望はどうあれ、一極世界はいずれにしろ存在し得ない、とゲヴォルグ・ミルザヤン氏。

    「米国はたしかに理解しているが、それを認めたがらない。次期米国政権はついに認めざるを得なくなるかもしれない。米国は地域戦争さえ、そのひとつたりとも勝利できない。それも、そのための軍がないからではなく、そのための政治的決意と、複雑きわまる地政学抗争に勝つ余地がないからだ。この状況では誰の目にも一極世界が終焉することは明らかだ。ロシアはそれを言い募り、また行動でそれを示している」

    オバマ大統領は既にアントニオ・グテレス氏に電話をかけ、事務総長任命を祝福した。大統領は、米国は実に広範な世界の問題を解決することを目指す国連の活動を今後も支持する、と強調した。次なる事務総長は米国の声以外のものを国際舞台に伝えてくれるのだろうか?

    「新総長が親米的な発言をする可能性もあると思っている。米国は今日世界最強の大国だから、それは普通のことだ。いずれにせよ仮に改革のチャンスが出来たときにロシアが次期総長に期待するのは言葉でなく行動である。新総長はそれだけの力を十分持っている。少なくともロシアはそう願っている」

     

    関連:

    国連シリア大使、アレッポの空爆停止を確認
    米国連大使:ワシントンは北朝鮮孤立に最善を尽くす
    タグ
    国連, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      豊岳正彦
      ポルトガルという欧州の古い植民地支配統治秩序の国から選出された総長に新しい秩序を期待しても無駄である。

      新約聖書にもあるではないか。

      新しい酒は新しい革袋に入れよ、と。
    • avatar
      catss4
      G7は、米国(ドルと米国債)の単独覇権体制を支える機関だ。
      対照的にG20は、米国を筆頭とする先進諸国と、中国を筆頭とするBRICS(新興諸国)が対等な関係で立ち並ぶ多極型の機関だ。
      世界経済の中心機関を米覇権体制(ドル主導)のG7から、多極型(ドル非主導)のG20に替えたと考えられる。
      米同盟諸国が中露を敵視してきた最大の理由は、諸国にとって中露が脅威だからでなく、米国が中露を敵視している以上、同盟国もそれにつき合う必要があったからだ。

      米国が圧倒的な強さを持つ覇権国として、世界の諸問題を全て解決できていた間は、それでよかった。しかし ・・・
      (田中宇)
    新しいコメントを読む (0)