03:11 2016年12月09日
東京+ 8°C
モスクワ-5°C
    『バスチオン』

    プーチン・安倍会談を前にした防衛計画の発表、これは偶然か?

    © Sputnik/ Sergey Pivovarov
    オピニオン
    短縮 URL
    タチヤナ フロニ
    41775910

    プーチン大統領の訪日まで残すところ1ヶ月弱。この段になって両国とも互いにとって非常に気に障る知らせを発表している。ロシアは南クリル諸島の2島への沿岸用ミサイル複合の「バスチオン」と「バル」の配備を明らかにし、日本政府は「ジャパンニュース」紙の報道によれば、今年度予算中に米国の広域防空用ミサイル「パトリオット-3」の購入のために追加予算を組むと断言した。共同通信も、防衛省は米MDの「戦域高高度防衛ミサイル(THAAD)」の国内配備を検討する委員会を設置する計画だと報じている。12月、稲田防衛相はグアムでTHAADを自身の目で視察しようとしていることはすでに知られており、この後詳細がつめられ、来夏までには最終的な決定がとられる。

    ただしこの日本の計画の発表時期については、ロシア人軍人専門家のウラジーミル・エヴセーエフ氏は偶然に選択されたものではないとの見方を示し、次のように語っている。

    「交渉の中心テーマは平和条約締結の条件と領土問題の解決となる。だが交渉はあらゆる方向性について行なわれるだろう。軍事政治対話の枠内ではロシアの沿岸ミサイル複合『バル』と『バスチオン』についても、日本のTHAAD国内配備の可能性についても話が及ぶ可能性は十分ある。

    妥協に達するために双方はそれぞれの計画を修正するとおもう。日本は購入する兵器の数、その型、展開の場所をいじるだろう。ロシアも譲歩として『バスチオン』を取り除くかもしれないが、それには日本の側に何らかのそれと同等な行動がなければ成り立たないだろう。

    このため双方とも日本での交渉の前に自分のポジション固めを行い、独自の交換のための可能性を作ろうとするだろう。我々が目にしているのは今のところ交渉プロセスの形成にすぎない。」

    アナリストの間ではまさに2島にミサイル複合を配備したということに政治的な暗示がこめられているとする見解が挙げられている。つまりこの2島はロシアのものだが、シコタン(色丹)とハボマイ(歯舞)は日本との妥協の対象になりうるという示唆だ。これについて歴史家で日本専門家のアナトーリー・コーシキン氏にマイクを向けてみた。

    「抑止戦力として防衛システム『バスチオン』と『バル』をイトゥルプ、クナシル両島へ配備するという話はすでに今年3月の時点でショイグ国防相が明らかにしていた。このため、ロシア指導部がまさにこの配備によって安倍首相との交渉を前に自分のポジションを固めているというのは、私は根拠に欠けた話だと思う。

    一方で日本領内へのMD配備は朝鮮民主主義人民共和国の核ミサイルの脅威に対抗するために必要だと説明されているが、この米国のMDはロシアのミサイルシステムに対しても同様の効果を発揮するために用いられうるではないか。

    たしかに双方とも、ミサイルというテーマは12月のプーチン・安倍会談には影響しないと確証しているが、これで対立の要素がさらに増やされたことになる。このため実際はこの要素によって両国の国境線画定の合意はさらに複雑化する恐れがある。」

    隣国韓国は今年7月、THAADの配備を決めた。日本はこの計画を支持し、逆にロシアと中国は異議を唱え、憂慮の念を現した。中国黒竜江省社会科学アカデミー北東アジア調査センターの笪志刚所長は次のような見解を表している。

    「日本がすでに艦対空ミサイル『SM-3』や防空用ミサイル『パトリオット-3』を保有していることは知られている。もしこの国の領域にさらに『THAAD』のようなミサイル複合が配備されたら、日本は高度、中度、低空用迎撃ミサイルを有したMDを所有することになってしまう。

    来月、日本の専門家らがこうした問題を討議するため訪米することになっている。こうした行動が発しているシグナルは、日本は日米韓の間の軍事同盟を創設することに力を集結しているというものだ。こんにち、日韓政府はすでに諜報データーの交換条約を締結しており、これを米国も歓迎している。

    こうして朝鮮民主主義人民共和国からの核の脅威という前提のもとに日本はTHAADを配備し、軍備の刷新を図るのであれば、北東アジアの地政学的安定を脅かし、将来この地域での軍拡競争を煽動することになりかねない。」

    関連:

    安倍首相、領土交渉「厳しい」 自民幹部との会食で
    ロシアは日本との経済関係強化を期待している―ロシア大統領報道官
    タグ
    露日関係, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • catss4
      パチンコ利権を北に渡し 三菱マークのミサイルが 北にあり CIAの指示で
      北が行動し そして 北脅威として 軍国化が日本で進み MD配備。
      それは 防衛ではなく 先制になります。
      でも あとは 日本のマスコミを ロシア脅威として国粋にしていくだけ。
    • wickun
      ワシントンDCも東京(田布施)もロスチャイルドの手先であり、
      カバールカルトに誓約書を書いている(侵略者)
      つまりテロ組織なので武器を増やし続けている。
      双方ともダーイッシュに資金なり武器なり供給し続けている。
      双方とも911や311をポンジスキームのきっかけとし、詐欺搾取を続けている。
    • unimaro unimaro
      当然。
      これ以外に日本訪問の理由なんぞないだろ?プーチンにとってこれほど危険な土地は無い。
      アメ公ども襲い放題だww

      日本もそれを見越して、だろ。
      「アメ公に、これ以上無駄金払いたくない!」
      だろー?いくらキックバックあると言っても、国内企業からのそれとはけた違いに悪いし、本当に払われるかどうかもww

      まぁ、ロシアも駆け引きを覚えてき始めたんでずなーw
    新しいコメントを読む (0)
    主要ニュース