22:04 2018年01月21日
東京+ 8°C
モスクワ-2°C
    どうしてロシア人は毎年お正月に同じ映画を見るのか?

    どうしてロシア人は毎年お正月に同じ映画を見るのか?【動画】

    © 写真: Mosfilm
    オピニオン
    短縮 URL
    タチヤナ フロニ
    1181

    お正月はまず間違いなくロシア人がもっとも愛する祝日である。しかし、これは何もロシア人に限ったことではない。世界中どこでも、お正月の伝統やお祝いの慣習は何よりも華やかで幻想的なものである。ロシア人にとってお正月休暇は一年で一番長い休暇である。というのも、そのまま正教のクリスマスのお祝いにつながっていくからだ。

    カトリックとは違い、正教のクリスマスはお正月前ではなく、お正月後、1月6日から7日にかけての夜に祝われるのだ。そして、ロシア人はこうした祝日の一部を、旅行に行ったり、家族や友人と宴席を囲んだりするだけではなく、当然、ただテレビを見て過ごしたりもする。

    もっとも愛すべき幻想的な冬の祝日には奇跡が起こると信じたくなるものだ。とはいえ、私たちが奇跡に求めているものは実はとても単純なものだったりする:それは大切な人と一緒にいること、あるいは、愛を見つけることである。そのため、お正月に上映される映画やテレビ映画は、ほぼすべてがこれらをテーマにしたものとなる。そして、ロシア人はその習慣を変えるつもりがない。こうして、ロシアではもう40年もの間、毎年大晦日になると、皆の大好きな映画『運命の皮肉、あるいはいいお湯を!』が放送され続けている。未だに観客を飽きさせることのないこの映画だが、いったい何がロシア人をそんなに惹きつけているのだろうか?一見したところ、この映画のお正月ストーリーに何ら特筆すべきところはない。主人公は昔からの習慣で、大晦日に友人と一緒にバーニャ(サウナ)に行く。そこから映画の魔術が始まり、観客は目が離せなくなる。そして、エンドロールが流れるときになってはじめて、お正月の夜には本当に魔法が起こり得ることに気付くのだ!当然、主人公にとってそれは、全く予期していなかったところからやってきた愛である。すっかり酔っ払い、最初は不遜に思えた男性が、突然、胸を打たれるような優しい医師であることが分かる。運命の皮肉が彼をモスクワ-レニングラード直行便で目的の住所に届けたが、それは愛という住所だった!もちろん、ストーリーの展開をすべてお伝えするつもりはない。ただ、この映画がヒットした大きな要因は、俳優たちの素晴らしい演技だけではないことを指摘しておきたい。音楽も大きな役割を果たしたのだ!映画『運命の皮肉、あるいはいいお湯を!』では、マリーナ・ツヴェタエワ、ボリス・パステルナーク、ベーラ・アフマドゥリナなど、ロシアの偉大な詩人のすばらしい詩にのせた曲が数多く使われており、感動的な詩のフレーズがストーリーの魔法と有機的に絡み合っている。映画の曲はその後、独自の人生を生き、今でもロシアで愛される曲となり、常にラジオや映画で流されている。

    そもそも、音楽はすべてのお正月映画になくてはならないものである。この分野のロシアの古典といえば、間違いなく「カーニバルの夜」である。この映画が当時のソビエトで封切り上映されたのは1956年のこと。それから永遠のようなときが流れたように思われる。しかし、この作品は今も変わらず驚くほどに新鮮で、お正月らしいお祝いの雰囲気を作り出している。この映画ではじめて銀幕に輝いたのが驚くべき才能を湛えた女優、リュドミーラ・グルチェンコだ。これが彼女のデビュー作である。後に彼女は芝居の才能を花開かせたが、大多数の観客を魅了したのは彼女の類い稀なる音楽性だった。リュドミーラ・グルチェンコのこの才能はこの映画でいかんなく発揮された。ストーリーとしては、主人公である若い女性が新年のお祝いを本格的な楽しいカーニバルにすべく、官僚主義的な上司と戦い、奮闘するというもの。そして、彼女はそれを鮮やかにやってのける!人々はもともと計画されていた退屈なイベントの代わりに、ジョークを飛ばし、ダンスを踊り、歌を歌って、私たちが普段考えるような祝日を祝うのである。『カーニバルの夜』で使われた『五分』という曲は大ヒットし、今やこの曲のないお正月コンサートなど想像もできないほどだ。

    21世紀に入ってからのお正月映画で、ロシアのヒット作品となったものは何だろうか?おそらく、過去5年では、もっともお正月らしいタイトルの映画『モミの木』だろう。お正月という幻想的な祝日にはモミの木が欠かせない。だから、そのまわりで主人公たちがさまざまなお正月の物語を繰り広げるのもうなずける。毎年、新たな物語が生まれており、このお正月には第5弾「モミの木5」が封切りになる。そして、映画館はお正月という素敵な祝日の魔法に触れたいと願い続ける観客でいっぱいになること間違いなしだ。

    タグ
    映画, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント