17:38 2017年09月24日
東京+ 25°C
モスクワ+ 10°C
    日本のセックス産業は性病を蔓延させている?

    日本のセックス産業は性病を蔓延させている?

    © 写真: Pixabay
    オピニオン
    短縮 URL
    タチヤナ フロニ
    34154149

    新聞Japan Timesの報道によれば、日本国内では、梅毒患者の数が増えており、その中には、10代の少女を含め、若い女性がかなり含まれているとのことだ。

    病院側が厚生労働省に提出したデータによれば、梅毒患者の数は昨年12月の段階で4259人に達し、この数は前年同時期に比べ倍増している。これを受けて同省は、性行為による病気の蔓延を阻止することに注意を促すよう通達を出した。

    産婦人科医で一般社団法人日本家族計画協会家族計画研究センター所長を務める、北村邦夫氏は「コンドームを使用すれば、病気の予防に効果的だが、それが十分にされていない」と指摘した。またこの問題に関する研究グループを率いた国立感染症研究所の別の専門家も「我々は、どんなグループが病気の危険にさらされているか明らかにし、いかに病気を予防し治療するかについての情報を伝えることを通じて、病気の蔓延を食い止めたいと考えている」と述べている。

    スプートニク日本のタチヤナ・フロニ記者は、こうした状況に関連して、ロシアの性科学者、レフ・シチェグロフ氏にコメントを求めた。

    シチェグロフ氏は、インタビューで、まず次のように述べた-

    「私にとって、それはたいへん奇妙な情報だ。もちろんそうした事は、全くあり得る話だが、日本にとって特徴的なものではない。 なぜなら、梅毒のような病気は、生活形態や性教育、そして最新の医薬品の有無に直接関係したものだからだ。こうしたファクターを考慮するなら、梅毒のような病気が最も広がるのは、主に第三世界という事になる。つまりアフリカ諸国やアジアの貧しい国々だ。梅毒患者の数が、日本のような豊かで経済的に発展した国で増えていることは、ある種逆説的な出来事と言える。」

    若い日本人達の間での性行動の変化、そして所謂「大人のための娯楽」の活発な普及が、病気蔓延の主たる原因であると思われる。娯楽施設が数多く集中する東京のShinjuku Ward,地区の存在を、専門家が指摘しているのも偶然ではない。まさにこの地区で、東京における病気の総数の何と4割、日本全体の2割が報告されているからだ。若者達の間で、梅毒のような病気が急激に蔓延している理由として考えられる可能性の一つとして、シチェグロフ氏は、もともと性病罹患率が高い国々からの旅行者が急激に増え、そういう人達との性交渉が増えているからではないかと見ている-

    「専門家らが、病気感染例の圧倒的多数が、特定の娯楽地区と結びつけて指摘しているのであれば、すべては大なり小なり明らかだ。特定の娯楽にふけり、アルコール、そしておそらくはソフトドラッグをやれば、どんな人でも、自分をコントロールし安全を守る感覚が低下する。つまり梅毒のような病気の急増は、そのエリアの特殊性と関係がある。日本における梅毒患者の急増について、他の理由では単に説明がつかない。しかし現在、最新の薬によって、この病気は文字通り、一週間で治るし、避妊具を使えば、病気から身を守ることができる。」

    こうした問題を分析している専門家達は、欧州でも梅毒患者が増えているとの統計があることを指摘している。これは恐らく、貧しい国々から大量の難民が流入したことと関係があると思われる。一方ロシアの状況はどうなのだろうか、スプートニク日本記者は、シチェグロフ氏に質問してみた-

    「ロシア国内の状況は、完全にコントロールされている。いかなる特別の伝染病も、確認されていない。こうした問題は、住民の間に性病に関する知識がなく、しかるべき効果的な治療法もなかった1950年代から1960年代には恐ろしいものだった。しかし今日、ロシアでは性病に関する情報も広まり、治療に必要不可欠な薬もある。それゆえ、ロシアにおける梅毒との戦いは、肺炎あるいは高血圧と同様のレベルだ。つまり、すべてコントロール下にあり、特別ないかなる問題も生じていないという事だ。」

    タグ
    医療, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント